• 会員限定
  • 2023/06/09 掲載

Microsoft Build 2023「生成AI関連まとめ」、見逃せない「Azure AI Studioの進化」とは?

記事をお気に入りリストに登録することができます。
2011年から始まり今年で13回目の開催となる開発者向けカンファレンス「Microsoft Build2023」では、「AI時代」を加速させるさまざまな発表がありました。本稿では「ChatGPT」など生成AIに関連した情報に絞って、発表内容を振り返ります。「ChatGPT」内に搭載されているLLM(大規模言語モデル)とマイクロソフト製品を組み合わせた次世代サービスとは、どのようなものなのでしょうか?

執筆:10X 代表取締役 木内 翔大

執筆:10X 代表取締役 木内 翔大

10X代表取締役、GMO AI&Web3顧問、生成AI活用普及協会理事。1990年 東京都生まれ。小学5年生のときに担任の先生の一言でゲームプログラミングを始める。大学1年生でフリーランスエンジニアになり、複数のスタートアップで3年ほどWEBエンジニアを経験。「プログラミングで人生を変える」をコンセプトに2015年 株式会社SAMURAIを創業以来、「SAMURAI ENGINEER」という日本初のマンツーマン専門のオンラインプログラミングスクールで累計4万人以上を指導。 現在、「日本をAI先進国に」というミッションで、国内外のAI最新情報を発信している。Twitterのフォロワーは約5.6万人。Twitter:@shota7180

photo
Microsoft Build 2023では「AIがもたらす未来への展望」が語られた
(出典:Microsoft Build 2023)

Microsoft Build2023が開幕

 Microsoft Buildは、米マイクロソフトが年に一度開催している開発者向けカンファレンスです。今まではWindowsやMicrosoft365、GitHubにVisual Studioなどさまざまなサービスやプロダクトに関する発表がされていて、一般ユーザーにとっても無視することはできないイベントになっています。

 Microsoft Build2023では、「AI時代」を加速させるさまざまな情報が発表されました。話題のOpenAIが開発した「ChatGPT」を検索エンジンのBingに統合することや、「Copilot」という「ChatGPT」内に搭載されているLLM(大規模言語モデル)とマイクロソフト製品を組み合わせた次世代サービスなどが発表され、日本でも大きなインパクトを残しました。

 本稿ではMicrosoft Build2023で発表されたものからChatGPTを中心に重要なトピックをおさらいしていきます。

「ChatGPT」のデフォルト検索エンジンにBingが搭載

 Microsoft Buildでの発表で、ChatGPTのBrowsing機能のデフォルト検索エンジンがBingになることが明らかになりました。Browsing機能とは、検索エンジンの検索結果を基にリアルタイムなデータで回答を生成する機能で、これまでのChatGPTにはできなかった2022年以降の情報を取り入れた回答の生成が可能となっています。

 さらに回答の引用元も提示されるようになるため、詳細を知ることや事実の確認などが可能になります。Browsing機能は、これまでChatGPTの有料版であるChatGPT Plusで提供されていましたが、今回のパートナーシップによって無料版でも提供が始まることになります。

 筆者も実際にBing Chatに搭載されているBrowsing機能を使って、旅行プランを生成させてみましたが、リアルタイムのデータが反映されるため、今までの対話AIにはなかった使いやすさを感じました。また、情報の出典が提示される安心感は今までの対話AIにはないものです。

画像
Bing Chatに搭載されているBrowsing機能を使って旅行プランを生成させるとリアルタイムのデータが反映していることがわかる
(出典:Microsoft)

OpenAIと共同開発したプラグインプラットフォーム

 マイクロソフトは今回、OpenAIと共同で「プラグインプラットフォーム」を開発することを発表しています。今回の共同開発に寄って相互運用性が高まり、ChatGPT用に開発されていたプラグインがBing ChatやMicrosoft Copilot、Windows Copilotなどさまざまなアプリケーションにも導入できるようになりました。

 たとえば、WordやExcelなどでChatGPTと同じプラグインが使用でき、Excelでデータを打ち込み、Copilotに指示をしたらAIが分析をしてくれたり、Wordで事務書類を作成する際にテキストを自動生成してくれたりなど、実務で導入できるレベルのサービスが提供されます。これらの機能はまだ発表段階で、日本での価格や実装時期はまだ発表されていません。

 今後はアトラシアン(Atlassian)やアドビ(Adobe)、サービスナウ(ServiceNow)、トムソン・ロイター(Thomson Reuters)、ムーブワークス(Moveworks)、ミューラル(Mural)といったパートナー企業製の50種類以上のプラグインにアクセス可能になる予定で、以降もさまざまな企業がプラグイン開発に乗り出すでしょう。

画像
アトラシアン(Atlassian)やアドビ(Adobe)、サービスナウ(ServiceNow)、トムソン・ロイター(Thomson Reuters)、ムーブワークス(Moveworks)、ミューラル(Mural)といったパートナー企業製の50種類以上のプラグインにアクセス可能になる予定
(出典:Microsoft Build 2023)

Azure AI Studioで独自のAIを開発

画像
Azure AI Studio
(出典:Microsoft Build 2023)

 「Azure AI Studio」はOpenAIの言語モデルを活用したアプリケーション開発を作成、管理、デプロイするための新しいプラットフォームです。

 AIで簡潔なプレゼンテーション(セールスピッチなど)の資料を書いたり、プレゼンテーション用の画像を生成するなど、自分の目的に合ったアプリケーションを開発できます。このAIについて革新的なアップデートがいくつかありましたので、紹介していきます。 【次ページ】見逃せない「Azure AI Studioの進化」とは?

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます