• 会員限定
  • 2023/07/24 掲載

Google Cloudの上半期3大ニュースまとめ、生成AIとクラウドサービスのゆくえ

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
早くも2023年の上半期が終了した。GAFAM(グーグル、アマゾン、メタ、アップル、マイクロソフト)を中心とした米巨大IT企業のレイオフが年初に話題になり、IT株の低迷が深刻化していたが、半期が終わってみればすでに一部切り返しており、アルファベット(グーグルの親会社)の株価は年初来で3割以上も上昇している。今や話題の中心はジェネレーティブAI(生成AI)となり、世界でAI論争が巻き起こっている。ここでは、特にGoogle Cloudに焦点を当て、クラウドをめぐるAWS(Amazon Web Services)やMicrosoft Azureとのプラットフォーム競争のゆくえを占う。

執筆:友永 慎哉

執筆:友永 慎哉

製造業向け基幹系システムの開発を経験後、企業ITの編集、ライター業に従事。ファイナンス、サプライチェーンなど、企業経営の知識を軸にした執筆に強みを持つ。インダストリー4.0など新たな技術による製造業の世界的な変革や、Systems of Records(SoR)からSystems of Engagement(SoE)への移行、情報システムのクラウドシフトなどに注目する。GAFAなど巨大IT企業が金融、流通小売り、サービスといった既存の枠組みを塗り替えるなど、テクノロジーが主導する産業の変化について情報を収集・発信している。

photo
Google Cloudについて注目すべきポイントとは?
(Photo:Sundry Photography/Shutterstock.com)

トピック1:生成AIと広告市場での競争激化、Duet AI登場

 OpenAIが放った生成AIサービス「ChatGPT」は、2023年上半期に最も話題を集めたテクノロジーであり、議論はITにとどまらなくなっている。世界でAI脅威論を巻き起こし、日本でも連日にわたり、生成AIの議論、関連サービスの開始などが話題になっている。ChatGPTのエンジンであるGPT(Generative Pre-Trained Transformer)は、もともとグーグルの研究チームが発明したニューラルネットワークの一種である「トランスフォーマー(Transformers)」がベースになっている。単語やフレーズが、テキストの並びの中のどこに現れるかを追跡できる技術である。

 それだけに、グーグルとしてはChatGPTとの競争が始まったことに、心中穏やかでなかったようだ。5月にはAI研究の外部公表を制限することにしたと報じられている。同時期に、グーグルは年次イベント「Google I/O 2023」を開催。生成AIを搭載したさまざまな製品を発表した。

画像
Google I/O 2023の基調講演で「BARD」のデモを披露
(出典:グーグル公式チャンネル「Google I/O '23 in under 10 minutes」)

 グーグルおよびアルファベットのCEOであるサンダー・ピチャイ氏はGoogle I/O 2023の基調講演で、グーグル版のChatGPTと言えるチャットAIサービス「BARD」のデモなどを披露。さらに中核技術である最新の大規模言語(LLM)モデルとして「PaLM 2」を発表した。BARDに搭載しているPaLM 2について、グーグルは多言語、推論、コーディング機能が向上した最先端の言語モデルだと説明している。

 Google Cloud向けに、開発支援機能「Duet AI」を発表した。非エンジニアによるチャットベースでのアプリ作成からアプリケーション開発のコード作成まで、あらゆるスキルレベルのユーザー向けにAI開発をサポートする。Google CloudのCEOでオラクル出身のトーマス・クリアン氏は「責任ある生成AIに全力で取り組む」と話している。

トピック2:初の黒字化、シェア増

 赤字続きだったGoogle Cloudのビジネスが、2023年の第1四半期に初めて黒字化した。Google Cloudの売上高は対前年比で28%増の74億5,000万ドル(約1兆円)、営業利益は1億9,100万ドル(約2,700億円)となった。クラウド事業は、インフラサービスである「Google Cloud Platform」(GCP)を中核に、コミュニケーションツールの「Google Workspace」などがある。すでに、アルファベットの総売上高の10%以上の水準にまで増加しているという。

 ピチャイ氏は第1四半期決算報告で「過去3年間で年間契約件数は6倍になり、世界の大企業1000社の6割弱がGoogle Cloudの顧客になった」と話している。

 前年同期の売上高は58億2,000万ドルで、営業赤字が7億600万ドルとなっていた。だがこれも、グーグルがクラウドサービスを拡張するために、世界中にデータセンターを建設しているからであるとし、赤字に対して好意的な指摘も出ている。

 パブリッククラウド最大手であるAWSやAzureと比較しても、Google Cloudの収益拡大ペースは速くなっている。同じ第1四半期の売上高を見ると、AWSが16%増、マイクロソフトでAzureやサーバ製品を担うIntelligent Cloud部門が20%増にとどまっており、28%増のGoogle Cloudは成長スピードで優位に立っている。

 Synergy Research Groupの調査を見ると、2023年第1四半期におけるクラウドインフラ市場のシェアでは、AWSが32%、Azureが23%、Google Cloudが10%となっている。AWSとAzureの2強といわれていた市場だが、Google Cloudが加わり、まずは3強になる公算が強くなってきている。

画像
クラウドインフラストラクチャサービス市場の規模推移とシェア動向
(出典:Synergy Research Group)
【次ページ】トピック3:大規模なレイオフ、働き方も大きく変化

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます