開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2006/11/07

NECソフトとNEC、周辺機器から情報漏えい防止ソフト「InfoCage/デバイス防御」発売

容易な導入と、きめ細かい使用制限を実現

NECソフトと日本電気は、パソコン周辺機器からの情報漏えいを防止する新製品「InfoCage(インフォケイジ)/デバイス防御(DeviceProtector(デバイスプロテクター))」を発売する。


 個人情報保護法の施行後も、情報漏えいが後を絶たないが外部からの攻撃よりも組織内部からの流出が多いと言われている。主な要因としては、従業員の過失や故意による情報の持ち出し、および流用があげられる。また、クライアントPCからの漏えいだけでなく、データの交換や持ち運びの際に使用するUSBやCDなどの周辺機器からの流出も見逃せない。

【セキュリティ】(インフォケイジ)/デバイス防御(DeviceProtector(デバイスプロテクター)
InfoCage(インフォケイジ)/
デバイス防御(DeviceProtector(デバイスプロテクター))
 NECとNECソフトが発売する新製品はこうした課題の解決に応えるものであり、クライアントPC の周辺機器の使用を制限することで、外部への機密データの情報漏えいやコンピュータウイルスなどの不正プログラムの流入を防止する。既存環境を変更することなく、現在使用しているクライアントPC にインストールするだけで容易に導入できる。また、設定ツールを使用することで簡単にきめ細かい設定をすることが可能。さらに、ポリシーファイルの配布機能を使うことにより、同一設定を他のクライアントPC へ展開することも可能である。

 「InfoCage/デバイス防御(DeviceProtector)」の主な機能は、周辺機器の使用禁止、限定された機器への使用許可、読み込み許可、特定キーによる周辺機器使用許可、ポリシーファイルの配布、不正設定変更時の書き込み制限、スクリーンセーバロックなど。

 なお、「InfoCage/デバイス防御(DeviceProtector)」は情報技術セキュリティ国際評価基準であるISO15408 に対応する予定です。NECソフトは本製品の社内導入を進めるとともに、ISO15408 の取得を目指してST(セキュリティ・ターゲット)確認の作業を進めていく。

 価格は、媒体(メディアキット)と10クライアントで14万3千円となっている。また、今後3年間に15万クライアントの販売を見込んでいる。

情報漏えい対策 ジャンルのセミナー

情報漏えい対策 ジャンルのトピックス

情報漏えい対策 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!