• 会員限定
  • 2024/01/18 掲載

ChatGPTは”もはや不要”に?頭角現すAIエージェントの「期待しかない」実力

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
現在、ChatGPTの利用が禁止されている企業において、OpenAIのAPIを通じて自社でAIアプリケーションを開発する動きが出てきている。中でも注目されているのが、「AIエージェント」を活用したアプリ開発だ。アプリ開発に活用できるAIエージェントフレームワーク「AutoGen」を、マイクロソフトが発表したことも話題を呼んだ。進歩の動き著しい生成AI活用の最新動向を解説する。

執筆:細谷 元、構成:ビジネス+IT編集部

執筆:細谷 元、構成:ビジネス+IT編集部

バークリー音大提携校で2年間ジャズ/音楽理論を学ぶ。その後、通訳・翻訳者を経て24歳で大学入学。学部では国際関係、修士では英大学院で経済・政治・哲学を専攻。国内コンサルティング会社、シンガポールの日系通信社を経てLivit参画。興味分野は、メディアテクノロジーの進化と社会変化。2014〜15年頃テックメディアの立ち上げにあたり、ドローンの可能性を模索。ドローンレース・ドバイ世界大会に選手として出場。現在、音楽制作ソフト、3Dソフト、ゲームエンジンを活用した「リアルタイム・プロダクション」の実験的取り組みでVRコンテンツを制作、英語圏の視聴者向けに配信。YouTubeではVR動画単体で再生150万回以上を達成。最近購入したSony a7s3を活用した映像制作も実施中。
http://livit.media/

photo
ChatGPT利用を禁止する企業もある中で新たな動きとは
(Photo/Shutterstock.com)

ChatGPTを“使わない”生成AI活用とは

 米国企業では、データ漏えいなどの懸念から、社員のChatGPT利用を禁止するという事例が多数見られる。一方で、経営層における生成AIに対する期待は高まっており、ChatGPTを使わない生成AIの取り組みの事例が増えている。

 その多くが、API経由でChatGPTを駆動するOpenAIの大規模言語モデルGPT-3.5やGPT-4にアクセスし、カスタマイズしたチャットボットやアプリケーションを社内外に展開するというものだ。

 2023年6月に発表された、ベンチャーキャピタル大手セコイアキャピタルの調査によると、調査対象となった企業の94%が大規模言語モデルのAPIを使用していると回答。このうち、OpenAIの大規模言語モデルAPI利用が91%と圧倒的な人気であることが分かった。

 一方、AnthropicのAPIを利用している割合も15%に増加しており、関心が高まっていることが示された。さらに、OpenAI、Anthropic、Cohereなどの大規模言語モデルAPIを複数利用している企業が存在することも確認された。

 また、API利用が非常に多い中、本番環境で生成AIアプリケーションを運用する企業の割合は65%と、2カ月前の50%から増加していることも判明しており、ChatGPTを利用せずとも、何らかの生成AIアプリケーションを開発し、利用している企業が増えている状況が明らかになっている。

 同調査では、生成AIアプリケーション開発において、企業は独自の文脈に沿って大規模言語モデルをカスタマイズしたいと考えており、関連インフラを開発するスタートアップへの関心が高まりつつあることも示唆されている。

大規模言語モデルをカスタマイズする「3つの手段」

 現在、大規模言語モデルをカスタマイズする手段は3つある。

 まず最も難しいとされるのが、ゼロからカスタムモデルをトレーニングするというものだ。

 これには、高度な知識を持つ機械学習研究者、トレーニング用のデータ、トレーニングインフラストラクチャ、コンピューティングパワーが必要とされ、一般的に豊富な資金力と人材を持つテック大手のみが実施できるアプローチとされる。

画像
ゼロからカスタムモデルをトレーニングする方法は、大手テック企業以外では難しい
(Photo/Shutterstock.com)

 テック大手以外で、このアプローチで成功した事例としては、自社の金融データによってトレーニングされたブルームバーグのBloombergGPTが挙げられる。ブルームバーグは、この取り組みにおいて、Hugging Faceのオープンソースツールを活用したと言われている。オープンソースツールの改善が進むことで、同様のカスタマイズ取り組みが増える可能性がある。

 これに続き、中程度の難度とされるのが、ベースモデルを微調整してカスタムモデルをつくるというアプローチだ。

 この方法は、事前にトレーニングされたベースモデルに対し、ドメイン固有のデータを使った追加トレーニングを行うことで、モデルの重み付けをアップデートするというもの。

 オープンソース領域におけるイノベーションにより、以前よりも実行しやすい環境となっているが、高度スキルを持つ人材チームを編成する必要があり、ゼロからトレーニングするよりも難度は下がるが、依然難しいアプローチと言われている。微調整のやり方を間違ってしまうと、モデルの挙動が不安定になるといった問題が報告されており、実行できる企業は少ないとされる。

 そして、ほとんどの企業が実施しているのが3つ目の最も難度が低いアプローチとなる。

 このアプローチは、データをEmbeddings(埋め込み)と呼ばれる手法で変換し、それらをベクトルデータベースに保存、クエリが発生した際にベクトルデータベース内で最も関連性が高い情報を検索し、モデルに返すというものだ。ChatGPTは、2021年9月以降の情報を知らないが、このアプローチにより、GPTモデルに新しい情報を追加し、検索できるようになる。 【次ページ】MSが発表した「AIエージェントフレームワーク」とは

関連タグ

関連コンテンツ

オンライン

Slack AI Day

Slack AI の日本語ローンチを祝し、革新の軌跡を振り返り、未来への一歩を踏み出す特別なイベントを開催します。 「コミュニケーションの先の未来を再定義する」というテーマのもと、Slack はメッセージングツールから AI を活用した強力なプラットフォームへと進化しました。 私たちの働き方を根本から変えるこのプラットフォームでは、CRM やアプリケーションの複数同時活用が可能で、 あらゆるデジタル業務が Slack を通じて円滑に進行します。 また、AI の強化により、過去の会話や見落としていた情報を活用して、ワンクリックで最適なコミュニケーションを実現することができます。 この記念すべきイベントでは、「新しい働き方」と業務における生成 AI の活用に焦点を当てます。 Slack AI を通じて、私たちは日常の業務プロセスを根本から変革し、生産性の飛躍的な向上を目指します。 AI とオートメーションの融合が、時間を要する従来のプロセスを一新。 Salesforce の Customer 360 と連携した Slack で働き方が劇的に変わります。 Slack を愛用し続けてくださる皆さま、そしてこれから Slack をご利用してくださる皆さまと共に、AI による業務効率化の新時代を創ります。 進化を遂げた Slackと一緒に、未来の働き方を再定義し、その可能性を探求しませんか? 【このような方におすすめです】 ・業務における生成 AI の活用を模索している方 ・より効率的な働き方・チームコミュニケーションを模索している方 ・Slack でできることを知りたい方、Slack の利用を検討している方 ・Slack を使っているけど、"コミュニケーション" 以外の新しい利用価値を知りたい方 ・部門・プロジェクトごとの部分的な Slack 利用から組織全体へ広げていきたい方 ・Slack 無償版から有償版へ切り替えたい方

あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます