開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2009/04/15

LTE-Advancedとは何か?超高速モバイルデータ通信の基本

NTTドコモ、ソフトバンクモバイルが2010年頃、イー・モバイルが2011年前半の実用化を目指す

携帯電話の高速データ通信の世界では、3.5G規格であるW-CDMAの高速規格「HSPA(HSDPA/HSUPA)」が主流だ。このスループットを上回る次世代規格「LTE」の準備が着々と進む中、新たに4Gの最有力候補として浮上しているのが超高速通信規格「LTE-Advanced」だ。今回は、この規格にフォーカスし、4Gに向けた高速データ通信の将来像を見ていくことにしよう。

池田冬彦

池田冬彦

AeroVision
富士総合研究所(現みずほ情報総研)のSEを経て、出版業界に転身。1993年からフリーランスライターとして独立しAeroVisionを設立。以来、IT系雑誌、単行本、Web系ニュースサイトの取材・執筆やテクニカル記事、IT技術解説記事の執筆、および、情報提供などを業務とする。主な著書に『これならできるVPNの本』(技術評論社、2007年7月)、『新米&シロウト管理者のためのネットワークQ&A』(ラトルズ、2006年5月)など多数。

3.5Gから3.9Gモバイル通信へ

 現在、社外で場所を選ばずインターネットに接続する手段はPHSデータ通信か、携帯電話網のデータ通信しかない。日本の携帯電話の世界では、iモードやEZWebといった携帯電話向けのサービスが進み、このサービスを快適に使うためのインフラを主眼に、NTTドコモ、ボーダフォン(現ソフトバンクモバイル)の「W-CDMA」および、auの「cdma2000」という3Gデータ通信が普及していた。

 これらの規格は「IMT-2000」という規格上に規定されたものであり、W-CDMAにおいては上り最大5.7Mbps/下り最大14.4MbpsのHSPA(HSPDA/HSPA)という3.5G規格が実用化され、現在のデータ通信の主流となっている。イー・モバイル、NTTドコモ、ソフトバンクモバイルはPC用のデータ通信モデムを揃え、月額料金は1000円から(イー・モバイルのスーパーライトデータプランの場合)とリーズナブルなサービスを展開している。

 このHSPAの普及により、モバイル通信がようやく現実的なものになったと言えるだろう。また、PCに限らず、iPhone 3Gやブラックベリーといったスマートフォン、UMPC(ネットブック)などの高速通信経路として大きな展開を見せ、2008年はスマートフォン元年などとも呼ばれた。

 また、この規格の後継として、LTE(Long Term Evolution)、UMB(Ultra Mobile Broadband)という2つの3.9Gの規格が既に標準化され、このうち、エリクソンやノキアなどの大手ベンダがLTEを推進し、日本ではNTTドコモが「Super3G」という名称で2009年以降のサービスインを目指している(詳細はLTEについて述べた回を参照のこと)。NTTドコモは市街地でのLTEの実証実験に着手しており、下り120Mbpsの伝送実験に成功している。

主要な携帯電話データ通信の規格
世代規格名称採用事業者(予定も含む)最大速度(下り)最大速度(上り)
3.5GEV-DO Rev.AKDDI3.2Mbps1.8Mbps
3.5GHSPA(HSDPA/HSUPA)NTTドコモ、イーモバイル、ソフトバンクモバイル14Mbps5.7Mbps
3.9GUMB未定288Mbps75Mbps
3.9GLTENTTドコモ、イーモバイル、ソフトバンクモバイル、KDDI326.4Mbps86.4Mbps
3.9GIEEE 802.16e(モバイルWiMAX)UQコミュニケーションズ、地域WiMAX事業者75Mbps75Mbps
4GIEEE 802.16m(次世代WiMAX)未定2Mbps01Gbps2Mbps01Gbps
4GAdvanced-LTE未定1Gbps(目標)1Gbps(目標)

 現状、ベンダーや通信キャリアの動向を見る限りでは、LTEが3.9Gのメインストリームとして展開する可能性は極めて高い。LTEのサービス開始時期は確定していないが、早ければ2010年後半~2011年頃にサービスが開始される可能性もある。HSPAよりも桁違いに高速な通信を享受でき、モバイルブロードバンドがさらに加速するという期待がある。

図1 LTEの実証実験(イメージ)
図1 LTEの実証実験(図はイメージ)

NTTドコモと富士通、富士通研究所は総務省が2008年に創設した札幌市内のユビキタス特区においてLTEの実証実験を実施。MIMO(4×4)の多重伝送によって、下り最大120Mbpsの高速伝送を実現した(実験設備では既に2.5Gbpsの伝送実験に成功済み)。

図2 W-CDMA技術技術の推移
図2 W-CDMA技術技術の推移



LTE・WiMAX・Wi-Fi・モバイル通信網 ジャンルのセミナー

LTE・WiMAX・Wi-Fi・モバイル通信網 ジャンルのトピックス

LTE・WiMAX・Wi-Fi・モバイル通信網 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!