開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2010/08/13

古河電工がスマートグリッド新事業推進室を設置、ケーブル/電力/ネットワーク機器など関連部門を集約

古河電気工業(古河電工)は13日、8月16日付けで社長直轄の組織として、スマートグリッド新事業推進室を横浜事業所に設置すると発表した。

photo
拠点となる横浜事業所
 古河電工は、これまで複数のカンパニー・研究所やグループ関連会社に分散していたスマートグリッド関連の技術を統合し、対外窓口も一本化し、情報を集約して製品開発に活かすとともに、新事業の企画・提案力を高める狙い。

 スマートグリッド技術とは、情報通信技術(ICT)活用により、太陽光発電などの分散電源や需要家の情報を収集し、高効率、高品質、高信頼度の電力と情報の双方向供給技術を目指すもの(参考リンク:スマートグリッドとは何か?知っておきたい次世代電力ネットワークの基本)。

 古河電工では、中期計画「ニューフロンティア2012」で環境新事業の育成を図ることを掲げており、今回の新事業立ち上げはその一環となる。

 同社は超電導をはじめとする送電・配電用のケーブル、電力機器、蓄電システム、光伝送システム、ネットワーク機器、自動車部品などのスマートグリッド関連技術を手がけており、「スマートグリッド新事業を立ち上げる上で格好のポジション」。

 同社は、現在米国のNew Mexico州で行われているNEDOの実証試験に参加しており、ワールドワイドに進められている国家プロジェクトに参画すべく情報収集、分析、提案活動を行い、新事業を推進していくという。

お勧め記事

その他ネットワーク ジャンルのトピックス

その他ネットワーク ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!