開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2010/08/17

AIGエジソン生命保険がiPadを試験導入、クラウド型の営業支援システムと連携も

AIGエジソン生命保険は17日、アップル製の多機能情報端末「iPad」を試験的に導入すると発表した。

photo
iPad利用のイメージ
 AIGエジソン生命保険は17日、アップル製の多機能情報端末「iPad」向けコンテンツを開発し、新たな営業ツールとして活用することを目指して、試験的に導入すると発表した。

 「iPad」のマルチタッチスクリーンでのプレゼンテーション能力を活用するために、顧客向けの商品パンフレットや会社案内、社員向けの教育資料や社内報などの用途として、静止画と動画を組み合わせた新たなコンテンツをジェナと共同で開発し、生命保険ビジネスでの効果的な活用について検証を行うという。

 また同社は、クラウドコンピューティングを活用した新たな営業支援システムを開発しており、この新営業支援システムについても「iPad」上での稼動を検証していくという。

 AIGエジソン生命は、これまでも営業ツールとしてスマートフォン「iPhone 3GS」を一部の営業社員にパイロット展開しており、その効果的な活用方法について検討を重ねているという。

お勧め記事

業務効率化 ジャンルのセミナー

業務効率化 ジャンルのトピックス

業務効率化 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!