開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2010/12/21

ウイングアーク、帳票印刷ログの見える化を実現する「LOG Viewer for RDE」を発表

ウイングアーク テクノロジーズは21日、帳票印刷ログの見える化をはかる新ソリューション「LOG Viewer for RDE」を、12月24日より出荷開始すると発表した。

 ウイングアーク テクノロジーズは、帳票印刷ログの見える化を図るソリューション「LOG Viewer for RDE」を発表した。

 LOG Viewer for RDEは、帳票基盤「Super Visual Formade(SVF)」製品シリーズの帳票運用管理ツール「Report Director Enterprise」(以下、RDE)に蓄積された帳票印刷ログを、データ活用ソリューション「Dr.Sum EA」で分析し、運用状況の見える化を図るソリューション。すでにRDEを導入している企業、また新たにRDEの導入を検討している企業を対象に、パートナー企業経由で販売するという。提供価格は、100万円(税別)からで、12月24日より出荷開始する。

photo
「LOG Viewer for RDE」の運用イメージ:帳票の印刷利用状況の確認

お勧め記事

電子帳票・帳票出力 ジャンルのトピックス

電子帳票・帳票出力 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!