開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 2011/05/10

富士通、電力消費を現行モデルより33%抑えたPCサーバ 「PRIMERGY」の省電力モデルを発売

富士通は10日、PCサーバ「PRIMERGY」に消費電力を削減した2WAYラック型サーバ「PRIMERGY RX200 S6 省電力モデル」を追加し、日本国内向けに5月20日より販売を開始すると発表した。

photo
PRIMERGY RX200 S6 省電力モデル
 「PRIMERGY RX200 S6 省電力モデル」では大きく3つの省電力技術を採用。現行モデルより最大で33%の省電力に成功したという。今回採用した省電力技術の1つは富士通の独自技術による冷却ファン制御の最適化。これにより、サーバ内の温度に応じて冷却ファンを必要最低限に制御できるという。

 2つめは低消費電力CPUである「インテル Xeon プロセッサーL5630」の採用。処理性能は同等で消費電力を削減した。3つめは、低消費電力メモリの採用。 1.35Vの低電圧(Low Voltage)で動作するLV-Registered DIMMを採用し、1.5Vで動作するメモリと同等性能で、消費電力を削減したという。

 これらの施策により、約5年前の富士通製のPCサーバと比較した場合、処理性能は約3.4倍に向上しながら、消費電力は最大約47%削減し、同一電力量あたりの性能は約7.2倍を実現。従来モデルから移行することで電力の削減とともに、システム全体のパフォーマンス向上が可能とうたう。

 さらに、サーバ専用室を含めたトータルな省電力を実現する仕組みも提案していく。

お勧め記事

サーバ ジャンルのセミナー

サーバ ジャンルのトピックス

サーバ ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!