開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2011/07/06

【インタビュー】 急拡大するM2M市場を切り拓く、サン電子の通信技術とファーウェイのモジュール技術の強力タッグ

サン電子 森田 栄氏、橋爪克和氏、森田友美氏 に聞く

サン電子は、世界的な通信機器メーカーであるファーウェイの通信モジュールを搭載した3Gモデムを開発し、昨年からM2Mビジネスに本格的に参入した。その目玉となる製品が、ソフトバンクモバイルの3Gパケット通信に特化して開発された「Rooster-A800」という最新の3Gモデムだ。サン電子は、ソフトバンクグループのネットワークを利用して、EVスタンドの遠隔監視・充電の総量確認や、工場など各所電力のオンデマンド監視用など、新しいM2M分野のビジネスに向けた展開を図りたい意向だ。

300kbpsの時代からモデム開発に従事する通信機器のパイオニア

photo
サン電子
ICT事業部 第二営業部 部長
森田 栄氏
 サン電子は、アミューズメントおよびIT関連の2分野を柱として事業を展開しているメーカーだ。同社は、IT関連ではモバイル関連ソリューションや通信機器を中心に扱っているが、ITビジネスに古くから関わるユーザーならば、サン電子ブランドのアナログモデムを思い描く方も多いかもしれない。

 同社の通信事業への参入はとりわけ古く、すでに300kbpsの時代からモデム開発に従事している。その後ISDNの時代を経て、モバイルデータ通信分野におけるトップランナーとして、現在も本事業を展開しているというわけだ。

 したがって同社が「M2M」(Machine to Machine)分野へビジネスの舵取りしているのも自然な流れといえよう。長年にわたって蓄積してきた通信分野の技術力がベースにあり、その高度なノウハウを活用できるという意味で、他社に比べて一日の長があるからだ。

 「2002年より我々の子会社からモバイルルータと呼ばれる製品を販売してきました。PHSや携帯電話などの移動体通信端末を利用してインターネットに接続する機器で、これまでシリーズ化して複数の製品を市場に投入してきました」と語るのは、サン電子 ICT事業部の森田 栄氏だ。

photo
サン電子 ICT事業部
通信モジュール営業担当 マネージャー
橋爪克和氏
 そして、M2Mという言葉が産声を上げた10年ほど前から、時代の要請とともにサン電子の通信機器が多種多様な装置に組み込まれていくようになった。M2Mは、機器と機器が相互に通信し合い、IPネットワークで結ばれる制御形態だが、従来のような有線LAN以外にもいくつかの通信手法がある。

 なかでも特にサン電子が注力しているのが、前述の無線によるモバイル通信分野なのだ。

 同社の橋爪克和氏は、「もともと一般的な産業用機器は8ビットや16ビット程度の非力なホストCPUを採用していることが多いため、ネットワークに接続するためのハードルも高くなります。そこで機器に対して極力負担をかけずにM2Mを実現できるような形にして、モバイルデータ通信を提供してきました」と説明する。

【次ページ】ファーウェイのM2M用通信モジュールを搭載した「Rooster-A800」の特徴とは?

LTE・WiMAX・Wi-Fi・モバイル通信網 ジャンルのトピックス

LTE・WiMAX・Wi-Fi・モバイル通信網 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!