開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/06/28

キヤノンITS、Android用セキュリティソフトの展開に向けOESF加入メーカーと連携

キヤノンITSは28日、Android用セキュリティソフト「ESET Mobile Security for Android」の各種ハードウェア向け展開のために、Androidの標準化団体であるOESF加入のハードウェアメーカーとのビジネス連携を推進すると発表した。

photo
「ESET Mobile Security for Android」の画面イメージ
 キヤノンMJ ITグループのキヤノンITソリューションズ(以下、キヤノンITS)は、ESETが開発したAndroid用セキュリティソフト「ESET Mobile Security for Android」の各種ハードウェア向け展開のため、Androidの標準化団体であるOESF(Open Embedded Software Foundation)加入のハードウェアメーカーとのビジネス連携を推進する。

 OESFは、オープンソースのプラットフォームであるAndroidを、スマートフォン以外の組み込みシステム機器全体に拡大させることで日本が得意とする組み込み系技術による新市場開拓を行い、世界をリードするために組織された標準化団体。キヤノンITSは、OESFの会員であるESETと共同で各種ハードウェアメーカーと連携し、「ESET Mobile Security for Android」の実装を通じてAndroid端末のセキュリティ対策を推進する。

 ESET Mobile Security for Androidは、既知および未知の脅威からリアルタイムにAndroidを守るためのウイルス対策、SMS/MMSアンチスパム、盗難対策(SIMカード照合、リモート消去)、リモートロック、パスワード保護、セキュリティ監査などを搭載し、さまざまなセキュリティリスクに対応。現在ESETよりベータ版プログラムが公開されている。

お勧め記事

タブレット・電子書籍端末 ジャンルのトピックス

タブレット・電子書籍端末 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!