開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2011/06/23

スマートフォン/タブレットとクラウドの関係はクラサバモデルと違いなし、企業活用の勘所とは--丸山 不二夫氏

コンシューマライゼーションの流れをどう捉えるか

現在、多くの企業がスマートフォン/タブレットの活用方法を模索している。すでに導入して成果を出している企業がある一方、なかなかよい答えを見出せずにいる企業が多いのも事実だ。それはなぜなのか。そもそも、スマートフォン/タブレットは企業にフィットするのか。早稲田大学大学院 情報生産システム研究科 客員教授であり、日本Androidの会の会長でもある丸山不二夫 氏にスマートフォン/タブレットの現状、企業や社会に与えるインパクトなどについてお話しを伺った。

スマートフォンとタブレットはインターネットに直接つながるクラウドデバイス

photo
早稲田大学大学院
情報生産システム研究科
客員教授
日本Androidの会 会長
丸山不二夫 氏
──スマートフォンおよびタブレットの普及はすさまじいですが、この背景にはクラウドの進展もあると指摘する声があります。

 スマートフォンやタブレットの普及とクラウドの進展は密接に結びついています。そのため、私はスマートフォンやタブレットを「クラウドデバイス」と呼んでいます。サーバ側が巨大化して集積したものがクラウドだとすれば、それに対応する無数のクライアントがスマートフォンやタブレットです。基本的にはサーバ/クライアントの関係と同じです。重要なことは、スマートフォンやタブレットが、何の障壁もなく直接インターネットにつながるデバイスだということです。

──従来のサーバ/クライアントモデルと何か違いはあるのでしょうか。

 基本的には変わりありません。サーバ/クライアントモデルはいまだ健在で、クラウドがサーバ、スマートフォン/タブレットがクライアントになっただけでモデルとしては不滅です。骨組みは一緒で担い手が変わってきたということですね。

──クラウドではデータをクラウドに置いて、クライアント側に置かないことが謳われていますが。

 必ずしもそうではありませんね。たとえば、先ごろ発表されたアップルのiCloudにおける基本的な考え方は「同期」です。当たり前のことですが、クライアントにデータを抱えた方がいろいろな意味で使い勝手がいいのです。たとえば、ローカルにデータを持っていないと、地下鉄に入ると音楽が聞けなくなるでしょう。私は、クラウドにしかデータがないシステムはむしろ脆弱だと思います。データのコピーはたくさんあった方が使い勝手がいいのです。

 かつて、ネットワークやCPUなどの速度が上がることによって、ディスクやメモリがネットワークでつながり、今のPCという形がなくなると予言した人がいましたが、そうはならないと思います。最大の“誤算”は、ディスクの容量やコストがCPUやネットワーク以上に進化したことです。特にコストは劇的に下がっており、わざわざクラウドに置かなくても、ローカルに置いた方が経済的になりました。考えてみれば、クラウドも安いディスクに支えられています。地味ですがディスクの力は非常に大きいのです。

【次ページ】コンシューマライゼーションの中で企業が活用方法を模索

お勧め記事

タブレット・電子書籍端末 ジャンルのトピックス

タブレット・電子書籍端末 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!