開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2011/12/09

リコーと日本マイクロソフト、ソフトウエア資産管理サービスで協業

リコージャパンと日本マイクロソフトは、ソフトウエア資産管理サービスの提供において協業、2011年12月12日(月)より提供を開始することを発表した。

 リコージャパンと日本マイクロソフトは、ソフトウエア資産管理サービスの提供において協業、2011年12月12日(月)より提供を開始することを発表した。

 日本マイクロソフトは、新たにグローバルで展開を開始した、法人顧客向けのソフトウエア資産管理サービス「SAMサービスプログラム」を日本市場において本格的に展開する。

 同プログラムは、ソフトウエア資産管理の国際標準規格であるISO/IEC 19770-1をベースとした「ソフトウエア資産棚卸しサービス」、「ソフトウエア資産管理アセスメントサービス」、および「ソフトウエア資産管理導入計画サービス」の3種類で構成しており、「SAM認定パートナー」を通じて、エンドユーザーである法人顧客に提供される。これにより、クラウド化や仮想化などにより複雑・多様化しているソフトウエアの利用環境において、適切なIT投資やIT資産の現状把握が行えるようになるという。

 今回、両社が協業することで、「SAMサービスプログラム」に基づくソフトウエア資産管理サービスを、全国に広がるリコージャパンの販売網を通じて提供していく。初年度は80件提供することを目指すとしている。

IT資産管理・ソフトウェア資産管理 ジャンルのセミナー

IT資産管理・ソフトウェア資産管理 ジャンルのトピックス

IT資産管理・ソフトウェア資産管理 ジャンルのIT導入支援情報

関連リンク

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!