開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2012/05/23

Excelでもここまでできる!企業データ分析に使えるExcelの機能を解説

BIツールとしてのExcelの実力は?

迅速かつ的確な意志決定を支えるのは、日々生まれる膨大なデータの分析だ。とはいえ、大仰なデータ分析ツールの導入には、なかなか踏み込めない場合もあるだろう。しかし実は、多くの企業が表計算ソフトとして導入しているExcelでも、データ分析は可能だ。そこで本記事では、Excelをデータ分析ツール(BI)として徹底活用する方法について紹介したい。

平井明夫

平井明夫


お勧め機能トップ5

 Excelには、データ分析専用に開発されているBIツールやデータマイニング・ツールにも匹敵するデータ分析機能が数多く盛り込まれているが、その中でも、特に企業データ分析に役立つと思われる機能は以下の5つである。

① 散布図による回帰分析
② 条件付き書式による見える化
③ ソルバーによるシミュレーション
④ ピボットテーブルによる多次元分析
⑤ 分析ツールによる統計解析


① 散布図による回帰分析

 まず、散布図による回帰分析を紹介しよう。散布図は、統計解析で2つの変数の相関関係を判別するために日常的に用いられるものであるが、Excelの散布図には、単にデータをグラフ化するだけではなく、2つの変数の相関の強さをあらわす決定係数を計算したり、回帰分析による2つの変数の関係をあらわす回帰式を求めたりすることができる。

 具体的には、散布図の「近似曲線の設定」ダイアログ・ボックスで、「グラフに数式を表示する」にチェックを入れると回帰式が、「グラフにR-2乗値を表示する」にチェックを入れると決定係数が、散布図上に、それぞれが表示される(画面1-1と画面1-2)。

画像
1-1■「近似曲線の設定」ダイアログ・ボックスの最下段でチェックを入れる
画像
1-2■散布図上に回帰式と決定係数が表示された


② 条件付き書式による見える化

 条件付き書式は、Excel2007以降で大幅に機能が強化されており、この機能をデータ分析結果の可視化に利用することができる。ここでは、2つの例を紹介する。

 画面1-3は、在庫回転率分析の結果を条件付き書式の「アイコンセット」を利用して可視化した例である。この例では、在庫回転率が4以上の時は「緑色」、3以上4未満の時は「黄色」、3未満の時は「赤色」の色を持ったアイコンを在庫回転率の値のセルに同時に表示させている。これにより、在庫回転率が低い、すなわち不良在庫の存在が疑われる商品が視覚的に判別できるようになっている。

photo
1-3■在庫回転率の列(F列)に、「アイコンセット」が設定されている
photo
1-4■表のコンバージョン率が表示されている領域に「カラースケール」が設定されている


 画面1-4は、メルマガ・コンバージョン率分析の結果を条件付き書式の「カラースケール」を利用して可視化した例である。この例では、表の中のコンバージョン率の値に比例して、セルの背景色(この場合は白緑色)が徐々に濃くなるように設定されている。これにより、メルマガタイトルと実際の商品購入確率が高いものとの関係が、視覚的に浮かび上がるようになっている。

③ ソルバーによるシミュレーション

 ソルバーは、ゴールシークと呼ばれる手法によるシミュレーション・ツールである。ゴールシークは、複数の変数の値を変化させながら変数の相互関係を判断し、最適な値を算出する手法であり、計画系のデータ分析の過程で必要となる計画値シミュレーションに使用される。  ここでは、商品の棚割計画の例を紹介する。ソルバーを起動すると、「ソルバーのパラメータ」ダイアログ・ボックス(画面1-5)が表示される。この画面でゴールシークに必要な制約条件を指定することで、最適な計画値の組み合わせをExcelが自動的に見つけ出し、ワークシート上に出力してくれる(画面1-6)。

photo
1-5■「ソルバーのパラメータ」ダイアログ・ボックス

photo
1-6■中段の表の制約条件をソルバーに入力することで、下段の表に最適な計画値が出力されている

次ページ >>  特に企業データ分析に利用される「ピボットテーブル」と「分析ツール」


BI(DWH、OLAP、マイニング) ジャンルのトピックス

BI(DWH、OLAP、マイニング) ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!