開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 2012/05/25

武田薬品、ブラジルの製薬会社を買収 ブラジルでの医薬品売上高でトップ10に

武田薬品工業は25日、Multilab社を500百万ブラジルレアルで買収することについて合意したと発表した。

 武田薬品工業とMultilab Industria e Comercio de Produtos Farmaceuticos Ltda.(以下、Multilab社)は、日本時間5月25日、Multilab社を500百万ブラジルレアル(BRL)で買収することについて合意した。今後、武田薬品は必要な手続きなどを経て、2012年9月末までにMultilab社の買収を完了する見込み。

 Multilab社は、2011年の売上高が140百万BRLであるブラジルの中堅製薬企業。同社はブランドジェネリックやOTC製品など、ブラジル医薬品市場で需要の高いカテゴリーの製品を中心に取り扱っており、2009年以降、売上高は年20%以上の伸長を示している。

 今回の買収により、武田薬品は、ブラジルでの医薬品売上高でトップ10に入るとともに、高品質のブランドジェネリックおよびOTC製品のラインアップ強化を通じて、中流階級層の増加に伴い多様化している同国のニーズを満たすことが可能になるとみている。

 とくにMultilab社の総合感冒薬Multigripは、ブラジルOTC医薬品市場で売上高(数量ベース)ではトップ製品であり、武田薬品のブラジルにおけるOTC製品のラインアップが一層充実されることになるという。

医療IT ジャンルのトピックス

医療IT ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!