開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2012/06/27

NRIセキュアと日立ソリューションズ、「SecureCube/Labeling」と「秘文V10」の連携ソリューションを発表

NRIセキュアと日立ソリューションズは、情報資産の識別・整理ソリューションと情報漏えい対策ソリューションの連携を発表した。

 NRIセキュアテクノロジーズ(以下、NRIセキュア)と日立ソリューションズは、NRIセキュアが開発した情報資産の識別・整理ソリューション「SecureCube/Labeling」と、日立ソリューションズが開発した情報漏えい対策ソリューション「秘文V10」を連携させたソリューションの提供を、6月29日から開始すると発表した。

 両社の製品を組み合わせることで、電子ファイルの機密レベルの可視化から、機密レベルに応じた持ち出し制御までの一連の管理をシームレスに実施することが可能となり、効果的に機密情報の漏えいを防止できるようになるという。

 具体的には、電子ファイルのすべてにラベルを付与し、可視化することで、社内情報資産の機密レベルを客観的に把握することが可能となる。また、機密情報の取り扱いに関して、情報システムの管理者と従業員の認識の統一が図れるようになる。そのほか、「極秘」に区分された電子ファイルは社外への持ち出しを禁止にするなど、自社の持ち出しポリシーに応じた形で、電子ファイルの持ち出しを制御可能だ。情報システムの管理者は、機密レベルごとの台帳や持ち出しのログ情報により、機密情報の保存場所や持ち出し状況を確認できる。

PKI・暗号化・認証 ジャンルのトピックス

PKI・暗号化・認証 ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!