開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2012/08/15

クライアントPC市場シェア:NECレノボが首位を堅持、富士通はマイナス成長

IDC Japanは14日、日本国内におけるクライアントPC市場出荷実績値について発表した。これによると、2012年第2四半期(4月~6月)の国内クライアントPC出荷台数は、ビジネス市場が178万台で前年同期比1.2%増、家庭市場が207万台で同2.4%減で、計385万台で同0.8%減となった。

 2012年第1四半期(1月~3月)では2桁成長となったビジネス市場も、流通在庫の調整や、欧米の経済の先行き不透明感から出荷が鈍り、前年同期比1.2%増にとどまった。

 また、家庭市場では、デスクトップPCの大幅なマイナス成長(同比15.1%減)が響き、家庭市場全体の前年同期比成長は、2.4%減のマイナス成長になった。

 その結果、2012年第2四半期のクライアントPCの総出荷台数は、2012年第1四半期の前年同期比9.9%増から減速し、同比0.8%減のマイナス成長となった。

ベンダーシェア

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

お勧め記事

OS ジャンルのトピックス

OS ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!