開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2012/09/12

企業ブランド調査、ランキングが大きく変動 グーグルが首位陥落

日経リサーチは12日、主要560社のブランド力を測定した企業ブランド調査「ブランド戦略サーベイ2012年版」を9月12日に発売した。調査は毎年実施しており、今年で10回目。各社のブランド力を測定・評価する独自指標「PQ(Brand Perception Quotient)」 のほか、「ブランドイメージ」や「アクセスポイント」などの関連項目も測定した。今回は新たに「共感度」の測定も加えた。

 「ブランド戦略サーベイ」結果ダイジェストによれば、前回3位だった日本マイクロソフトが、3年ぶりに首位に返り咲いた。ビジネスパーソンの支持が高かったという。一方、前回まで2年連続首位だったグーグルは今回評価を下げ8位に後退した。3月にプライバシーポリシーを変更し、一般消費者の反発を招いたことなどが影響したもよう。

 2位は東京ディズニーランドなどを運営するオリエンタルランド。2年前の14位、昨年の8位から大きく順位を上げた。

 3位はアップルジャパン。前回44位から大躍進した。相次ぐヒット商品や、創業者ジョブズ氏死去のニュースとともに同氏の偉業が様々なメディアでクローズアップされたことなどで、同社に対する関心が高まった。

 4位はTOTOが昨年の17位から躍進、5位はヤマト運輸で、東日本大震災の対応などから順位をあげた。

 一方で、電機業界ではパナソニックとシャープがトップ10圏外に転落した。ソニーは前年の5位から6位に順位を下げたが、トップ10圏内にとどまった。

photo
ブランド戦略サーベイ2012年版のダイジェストランキング
(出典:日経リサーチ,2012)


 調査はコンシューマ編、ビジネス編ともに2012年6月から7月にかけて行われた。各業種の代表的企業560社に対して、コンシューマ編では1社につき約570名が、ビジネス編では1社につき約210名がインターネット調査に応じた。

ブランド向上・マーケティング・PR ジャンルのセミナー

ブランド向上・マーケティング・PR ジャンルのトピックス

ブランド向上・マーケティング・PR ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!