開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2012/10/04

「9割の企業がWindows 8の全面配備を回避」米ガートナーのリサーチ部門最高責任者

ガートナーは3日、IT業界の潮流と最新トレンド、さらに2013年の「戦略的テクノロジ・トレンドのトップ10」を発表した。来日した米ガートナー リサーチ部門最高責任者のピーター・ソンダーガード氏は、9割の企業がWindows 8の全面配備を回避するとの見通しを示すとともに、2017年までには企業のマーケティング機能がIT部門よりも大きなIT予算を持つとの展望を示した。

photo
米ガートナー リサーチ
シニア バイス プレジデント
リサーチ部門最高責任者
ピーター・ソンダーガード氏
 ガートナーは3日、プレス向けのセッションを開催し、IT業界の潮流と最新トレンド、さらに2013年の「戦略的テクノロジ・トレンドのトップ10」を発表した。

 米ガートナーのピーター・ソンダーガード氏はまず、CEOへの調査を紹介。取締役会において、CEOのITへの期待は2010年の31.71%から65.85%に大幅に伸張しているとして、ITがビジネスにおいてますます重要な役割を担っていることを説明した。

 こうした中で、ソンダーガード氏は「4つの力によって、かなり大きな変化が起こりつつある」という。1つ目は、クラウド。これは、後述するほかの3つの力を提供するインフラのような役割を担うものと位置付けられるという。

 2つ目はモバイル。BYODやスマートフォンなどの活用にとどまらず、従業員やカスタマー、パートナーズを巻き込んで、ITサービスや製品の差別化を担うものになってくるという。このテクノロジーがもたらすものは、どこからでもアクセスできるということ。そのため、すべてのユーザーがモバイルベースでアプリを作ることを前提とすることが求められ、インターフェイスデザインもそれに合わせることが必要だという。

 3つ目はソーシャルという視点。これまでのアプリケーション開発はプロセスを中心に考えられてきた。しかし、将来型のアプリケーションはソーシャル型で、社内外のデータの情報を融合して、プロセス型のITを置き換えていくという。「プロセス型のITの時代は終わった」(ソンダーガード氏)。

 4つ目は情報(インフォメーション)だ。今はビッグデータとも呼ばれているがそれ以上の意味だという。今やデータは戦略的な資産として重要な意味を持つに至っている。顧客維持や新規顧客獲得にデータの力は無視できないものとなっていくだろうとした。

画像
ソーシャル、モバイル、インフォメーション、クラウドという4つが合わさるさまをNEXUS(結束)と呼んでいる
(出典:ガートナー,2012)


 これら4つの項目は進化のレベルが異なっているが、共通しているのはこれから5年をかけて進化し、ITにおける中長期的に重要な要素になるということ。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

IT投資・インフラ戦略 ジャンルのセミナー

IT投資・インフラ戦略 ジャンルのトピックス

IT投資・インフラ戦略 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!