開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2012/11/14

米インテル、シャープに最大400億円出資か クアルコムも検討

シャープが、半導体最大手の米インテルから出資を受ける方向で最終調整していることがわかった。通信半導体大手のクアルコムからも出資の可能性があるという。共同通信を通じて、複数のメディアが報じた。

 報道によれば、シャープがインテルから受ける出資額は300億円~400億円程度。超小型演算処理装置(MPU)の開発で協力を進めるとみられる。また、スマートフォンの半導体などを製造しているクアルコムも出資の可能性があるという。

 シャープは2012年上期の営業損益として1,688億円の赤字を計上、2013年3月期は4,500億円の純損失の見通しで、急速に資金繰りも悪化していた。昨年は800円近くだった株価が13日の終値で152円まで下落。時価総額は1,700億円まで下がっていた。

 そのため、今年の3月に出資を表明した台湾の鴻海精密工業グループとの交渉は難航したが、一方でアップルやグーグル、マイクロソフトなどと、タブレットの共同開発を目的に新型液晶「IGZO(イグゾー)」の供給で提携することも報じられていた。

 スマートフォン関連でノウハウや基礎技術、パネル生産力を持つシャープに、米台らのプレイヤーが食指を伸ばした形になっている。

M&A・提携・協業 ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!