開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/01/21

サイボウズスタートアップス、3端末まで無料の「BYODサービス」 公私分計にも対応

サイボウズのスタートアップ事業を専門とする100%子会社、サイボウズスタートアップス(以下、Cstap)は21日、業務で利用する個人保有スマートフォンを管理する「BYODサービス」を販売すると発表した。リスク管理と公私分計に対応し、3端末まで無料で利用できる。

 今回、Cstapが提供する「BYODサービス」は、従業員が個人で保有するiOS端末とAndroid OS端末の情報管理を行える端末管理サービス。iOS 5以降、Android OS 2.2以降に対応し、それぞれのプラットフォームに対応したアプリが提供されている。

photo
スマートフォンでの利用画面。左はAndroid OS、右はiOS

 同サービスでは、パスワードポリシーの適用や、社内Wi-Fi管理、ウイルス対策やスパイウェア駆除対策などのセキュリティ対策の管理、リモートロック、Jailbreakやroot化のチェックといった機能が備わっている。一方、個人保有を前提とするため、GPS情報や操作ログなど、個人情報として知らせたくない情報は一切取得しないという。

photo
BYODサービスの管理者用画面(端末情報の詳細)

photo
端末の管理ページ

 また、ビジネスで通話した分のみを会社へ一括請求できる「公私分計サービス」に対応し、通話料金の精算を簡便化できる。

 価格は、3端末までは無料。それ以上利用する場合は有料となる。有料サービスでは、契約基本料が1,000円(税抜)、端末料金が1台120円(税抜)。

関連記事

モバイルセキュリティ・MDM ジャンルのセミナー

モバイルセキュリティ・MDM ジャンルのトピックス

モバイルセキュリティ・MDM ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!