開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2013/03/19

小売業のブランドランキング調査:日本の1位はユニクロ、米老舗百貨店が上昇率トップ

米国1位はウォルマート

インターブランドは19日、「Best Retail Brands 2013」を発表した。発表によれば、米国での1位はウォルマート、日本の1位はユニクロとなった。そのほか、オーストラリアのウールワース、英国のテスコ、フランスのカルフール、ドイツのALDIなどが各地域のトップにランクされた。

 「Best Retail Brands 2013」では、ブランド価値で評価した米国のTOP50ブランドをはじめ、日本、韓国、中国、東南アジア、豪州、英国、フランス、ドイツ、カナダ、メキシコの各市場のリテールブランドをランク付けした。米国ブランドの評価は、今年で5回目となる。

 その米国では世界最大の小売企業であるウォルマートが5年連続でもっとも価値のあるリテールブランドとなった。その他の市場では、日本のユニクロ、オーストラリアのウールワース、英国のテスコ、フランスのカルフール、ドイツのALDIなどが各地域のトップにランクされた。

 米国のリテール業界は、景況感や個人の消費動向が不安定な中でも、“Best Retail Brands ”にランクインしているブランドは着実にブランド価値を高めたという。

 TOP50全体のブランド価値は、昨年よりも1.8%上昇し、ブランド価値が上昇した36ブランドでは、平均6%アップという結果となり、昨年の4%から2ポイント増加した。

 ランキングは以下の通り。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

ブランド向上・マーケティング・PR ジャンルのセミナー

ブランド向上・マーケティング・PR ジャンルのトピックス

ブランド向上・マーケティング・PR ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!