開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/05/15

富士通SSL、イントラマート製システム基盤活用のワークフローシステム発表

富士通ソーシアルサイエンスラボラトリ(以下、富士通SSL)は、エヌ・ティ・ティ・データ・イントラマート(以下、イントラマート)製のシステム基盤「intra-mart」を活用したワークフローシステムを5月末に提供開始すると発表した。

 富士通SSLは、「intra-mart」を活用し、経費申請や人事・給与関連伝票などの各種アプリケーションを揃えたワークフローシステムの構築サービスを提供する。

 経費申請や人事・給与関連伝票などのワークフローをはじめ、文書管理、グループウェアなどの各種アプリケーションの一元管理ができ、個別の構築・運用に比べ管理者の負荷軽減を実現する。アプリケーションは、顧客企業の要件に合わせてカスタマイズすることも可能だ。本システムは「intra-mart」、「FUJITSU Software Interstage Application Server」および「FUJITSU Software Symfoware Server」を組み合わせることでコストを抑え導入期間を短縮する。

 提供開始は5月末、出荷開始は6月末の予定となっている。

その他基幹系 ジャンルのセミナー

その他基幹系 ジャンルのトピックス

その他基幹系 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!