• 会員限定
  • 2013/05/29 掲載

OpenStackでオンプレミスを構築するノウハウとは?

実践オンプレミスクラウド

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
4月23日に都内で開催されたエンジニア向けのイベント「QCon Tokyo 2013」。ここで「OpenStackによる、実践オンプレミスクラウド」と題してオープンソースのクラウド基盤であるOpenStackでオンプレミスを構築する基本的なノウハウを紹介したのが、NTTデータの伊藤雅典氏。エンジニアが自分でクラウドを構築する意味として、クラウドで扱う仮想化からネットワーク、ストレージに至る幅広い技術を理解する点にあるとした伊藤氏のセッションのポイントをまとめました。

OpenStackによる、実践オンプレミスクラウド

 NTTデータ 基盤システム事業本部 伊藤雅典氏。

photo

 今日の話は「OpenStackによる、実践オンプレミスクラウド」です。私どもとしては、自社で一定以上の処理をする企業は、一定規模のプライベートクラウドを持ちつつバーストの部分を外部クラウドで処理する、というモデルが主流になるのではないか、とこれまでお話ししてきました。

OpenStackを使う意味は幅広い技術の理解

 このQCon Tokyoでの講演のお話をいただいたときにも、そうした技術を熱くお話ししようと思っていたのですが、つい最近、ノーチラステクノロジーズがミッションクリティカルなシステムをAmazonクラウドで稼働させたという報道発表がありました。これはかなりの規模の話だと思いますし、その中心にいる神林さん(同社社長の神林飛志氏)が(いつもの(笑))少しあおった感じで「オンプレミスの終わりの始まり」というブログを書かれています

photo

 それでオンプレの話をするのはどうしようかなと思ったのですが、神林さんのブログをよく読むと最後の方に、Amazonでこのシステムを作り上げたチームのエース級の方の言葉として「一筋縄では行きませんよ」、と書いてあります。

 私はSIerの人間だからというわけではないのですが、インフラはサービスの根幹だと思います。それを中身がわからないブラックボックスに任せていいのだろうか? というのがオンプレミスのクラウドを自分で作って運用する理由として一点。

 それからエンジニアの視点として、OpenStackのようなものでクラウドを作ることは、非常に広範囲の技術を必要とします。それに取り組むことがエンジニア価値の向上という意味もあります。

 さきほどのノーチラスさんの一筋縄では行かないという話も、最初は彼らもオンプレミスで作ろうとしていて、そこで苦労されてクラウドへ行かれた。結局、パブリッククラウドでもオンプレミスでもプライベートクラウドでも、幅広く技術を理解して使うべしと、これに尽きるかなと思います。今日お伝えしたいのは端的にいうとこのことだと思います。

 では、ここから具体的にOpenStackの紹介をしていきたいと思います。

OpenStackはリッチな機能セット、しっかりしたコミュニティの運営

この続きは会員限定(完全無料)です

ここから先は「ビジネス+IT」会員に登録された方のみ、ご覧いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!今日から使える、仕事に役立つ情報満載!

  • ここでしか見られない

    2万本超のオリジナル記事・動画・資料が見放題!

  • 完全無料

    登録料・月額料なし、完全無料で使い放題!

  • トレンドを聞いて学ぶ

    年間1000本超の厳選セミナーに参加し放題!

  • 興味関心のみ厳選

    トピック(タグ)をフォローして自動収集!

関連タグ タグをフォローすると最新情報が表示されます
あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます