開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/07/08

オープンキューブ、日本製3Dプリンタ「SCOOVO(スクーボ) C170」を18万円で発売

PCケースなどを手がけるアビー子会社のオープンキューブは8日、日本製パーソナル3Dプリンタ「SCOOVO C170(以下、C170)」を発売すると発表した。本体価格は18万円(税抜)。7月29日より販売を開始する。

photo
photo
photo
 C170は、最少積層ピッチ100μ(0.1mm)、最大造形サイズ175×150×150㎜(高さ×幅×奥行き)を実現し、低価格でありながら本格的な造形物の制作を可能にした3Dプリンタ。日本製で、日本語ソフトウェアと日本語マニュアル、ランニングコストの大幅削減とアフターサポートを実現した。


 主な特徴は以下の通り。

スマートスライドレール
 3次元造形を司る3軸のレールには、硬質アルミニウムを採用したスマートスライドレール(SSR)を採用。工業用3Dプリンタにも引けをとらないC170の高い精度と安定した積層性能の礎となっている。

非加熱式ベッド
 多くの低価格3Dプリンタがヒーテッドベッド(加熱式造形ベッド)を使うのに対し、C170は安全性に優れる非加熱式ベッドを採用し、幅広い年齢層に安心して利用できるという。また、非加熱式ベッドは低消費電力にも寄与している。

PLAフィラメント
 C170は、農産物由来のプラスチックとして注目を集めるPLA(ポリ乳酸)フィラメントに対応。PLAは、最終的に二酸化炭素と水に分解されるエコ素材のため、安心して利用できるという。 PLAは、安価に普及するABSと比べて強度の面でも遜色なく、樹脂が溶解する際に生じる悪臭も極めて少ないため、家庭での利用にも適しているという。

 また、C170の純正PLAフィラメントは、高品質でありながら海外製3Dプリンタのものと比べ低価格なため、ランニングコストも削減することができるとしている。

高い堅牢性を誇るハウジング
 C170のハウジングには、優れた剛性と安定感を実現する厚さ1.2㎜のフロムフリー鋼板を採用。ヘアライン加工とアルマイトをあしらった硬質アルミパネルが上品な高級感を持たせた。

日本語ソフトウェアと日本語マニュアル
 英語版ソフトウェアや英語版マニュアルをバンドルする海外製3Dプリンタに対し、C170は日本語のソフトウェア「SCOOVO Studio」と日本語の取扱説明書を付属。はじめて3Dプリンタをお使いになる方でも簡単に操作することができるという。

MADE IN JAPAN
 C170は、オープンキューブのスタッフによって設計され、国内の製造工場で日本人によって生産されています。ご購入後のお問い合わせに対するご回答やアフターサポートが迅速かつ的確に行なえる理由もここにあります。

1年間無償サポート
 C170は、日本製ならではの1年間無償保証を付帯。また、無償保証期間終了後も海外メーカー品に比べ、安価で迅速なアフターサポートを提供するという。

 価格は、C170本体が18万円(税抜、以下同)、アクリルセーフティパネル3点セットが1万円、純正PLAフィラメント1kg/ロールが4,000円となっている。

 7月19日からオンラインストアを公開、29日に発売を開始する。

その他ハードウェア ジャンルのトピックス

その他ハードウェア ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!