開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/07/16

NECネクサソリューションズと富士ゼロックス、中堅病院向けソリューション提供強化で提携

NECネクサソリューションズと富士ゼロックスは、中堅病院向けに診療記録管理のソリューション提供で連携することを合意した。

 今回の合意によって今後、日本電気(NEC)の電子カルテシステム「MegaOak-MI・RA・Is」と、富士ゼロックスの診療記録統合管理システム「Apeos PEMaster ProRecord Medical」をベースに、カルテの作成・管理、診療記録の長期保存までトータルに実現するソリューションを構築する予定だ。

 富士ゼロックスの「Apeos PEMaster ProRecord Medical」は、病院内に散在する紙や電子の診療記録を汎用的なドキュメント形式で統合管理し、患者の全診療履歴の俯瞰と情報共有を可能にするソフトウェア。「MegaOak-MI・RA・Is」との連携により、診療記録を患者ごとに時系列管理し、電子カルテとのシームレスな情報連携による運用効率化と的確な診療サポートを可能にする統合型情報基盤を構築する。

 これにより、患者の記録や情報を一元管理することで、迅速な病態把握や院内コミュニケーションを促進。また、進化するICT環境に影響を受けることなく、診療記録の電子的保管に求められる真正性・見読性・保存性を確保しながら長期保存ができ、情報開示請求やBCPなどに効率的に対応可能となる。

医療IT ジャンルのトピックス

医療IT ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!