開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/07/16

日本オラクル、中堅向けERP製品のインメモリー・アプリケーション提供開始

日本オラクルは、中堅企業向けERP製品「JD Edwards EnterpriseOne」のインメモリー・アプリケーションを提供開始した。

 「JD Edwards EnterpriseOne」のインメモリー・アプリケーションは、複雑な価格情報や顧客の過去の受注情報、複数のプロジェクトにわたる予算・実績・予測情報などの大量データをリアルタイムに高速処理し、企業の売上・利益の向上やプロジェクト管理などを支援する業務アプリケーション。本アプリケーションは、オラクルのデータベース・マシン「Oracle Exadata」とアプリケーション高速実行基盤「Oracle Exalogic Elastic Cloud」を基盤とすることで、従来のシステムではバッチ処理などで行っていたデータの集計・分析処理の高速化を実現する。

 「JD Edwards EnterpriseOne」のインメモリー・アプリケーションは、受注情報、利益率、取引量に応じた製品単価などの情報をリアルタイムに提供し、既存顧客により上位の製品やサービスを勧める販売を支援する「JD Edwards EnterpriseOne In-Memory Sales Advisor」、企業のプロジェクトマネージャーや意思決定者がプロジェクトのコストや利益などの財務状況を迅速に把握するための案件情報を提供する「JD Edwards EnterpriseOne In-Memory Project Portfolio Management」の2種類の製品から構成される。

中堅中小企業 ジャンルのトピックス

中堅中小企業 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!