開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2013/09/03

XPから7移行でコスト数億の課題、メタルワン鋼管がVMware Horizon Mirageで解決

双日子会社である双日システムズは3日、ヴイエムウェアのVMware Horizon Mirageを鋼管・配管機材の専門商社であるメタルワン鋼管に導入し、Windows XPからの基幹システムとクライアントOSの移行に伴うコスト・作業負荷の削減と、移行後のクライアント端末運用管理の効率性向上を実現したと発表した。

 メタルワン鋼管は、Windows XPサポート終了に伴うクライアントOSのマイグレーションを最優先課題に挙げ、数年前から基幹システムの移行と、全社約350台のクライアントPCのOS移行の両面から、対応策を検討していた。

 メタルワン鋼管は検討段階で、大きく下記5つの課題を抱えていたという。

  1. Windows XPで利用していた基幹システムがWindows 7に移行すると正常に動作しない
  2. Windows 7に対応するためのシステム改修には数億円のコストが発生する
  3. PCのOS移行や移行後のアプリケーション展開に多大な作業工数を必要とする
  4. Windows 7で提供される「XPモード」では、パフォーマンス上実運用できない
  5. ネットワーク配信方式のアプリケーション仮想化は、初期導入や運用に莫大な費用がかかる

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

OS ジャンルのトピックス

OS ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!