開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/09/24

LINE、ビデオ通話を搭載 最長10秒間の動画を撮影・共有できる機能も

LINEは24日、同社が運営するスマートフォンアプリ「LINE」のビデオ通話機能を公開した。

 LINEは、同社が運営する無料通話・無料メールスマートフォンアプリ「LINE」のバージョンアップを行い、ビデオ通話機能を世界同時公開した。また、最長10秒間の動画を撮影・共有できる「Snap Movie」機能をiPhone版で先行公開した。この機能は今後、Android版でも対応予定。

photo
ビデオ通話機能

 ビデオ通話機能は、iPhone・Android・PC(Windows/Mac)の対応デバイス間で、1対1のビデオ通話を無料で利用することが可能。通信環境は、Wi-Fiはもちろん、3G回線でも利用できる。音声通話とビデオ通話は、通話中に相互に切り替えることも可能だ。

 また、iPhone版においては、最短4秒~最長10秒の動画クリップを撮影し、好みのBGMと共にLINE上で繋がっている友人やグループに共有することができるSnap Movie機能を搭載した。スマートフォン上で短編動画を撮影・共有できる機能は、現在、世界的にも注目が高まっており、LINEでは最長10秒という制限にBGMを加えて、シンプルな動画で表現する新たなコミュニケーションが可能になるとしている。

画像
Snap Movie撮影画面、BGM選択画面、トークルームメニュー画面

 なお、作成した動画は、トークルーム以外にホーム/タイムラインへも投稿可能で、ホーム/タイムラインに投稿された場合は自動でループ再生される(設定により自動再生をOFFにすることも可能)。また、BGMは9種類から選択可能で、今後もさまざまなシーンに応じたBGMを追加・拡充予定。

スマートフォン・携帯電話 ジャンルのトピックス

スマートフォン・携帯電話 ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!