開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/10/17

CTC、タブローのBIツールを低価格で提供開始 ビッグデータのサービスで連携強化

伊藤忠テクノソリューションズ(以下、CTC)は17日、Tableau Software(以下、タブロー)と国内初の販売代理店契約を締結し、主力BIツールの最新版「Tableau 8.0」を使ったBIソリューションの提供開始を発表した。

 タブローは創業以来、BI環境下でのビジュアル分析に特化して独自の市場を作っており、導入企業は業種、規模を問わず全世界で13,500社を超える。今後、CTCとタブローはビッグデータに関連したサービスの連携を強化し、大量データの蓄積と活用できるソリューション開発やサービス提供力の強化を図っていく。CTCは「Tableau 8.0」をベースとしたBI導入を総合的に支援し、タブロージャパンは「Tableau 8.0」の技術支援、トレーニング支援などを行う。

 本ソリューションでは、データ要件の分析レポートなどを作成する導入支援サービス、導入後の操作活用に関するトレーニングサービス、各種データウェアハウスやHadoopシステムなどを組み合わせたシステム検証から保守サポートまでをワンストップで提供する。

 最小構成はPC1台に1ユーザー構成のスモールスタートが可能で、利用状況に応じてサーバ版への拡張にあたってのシステム全体の導入を支援を行う。価格は、デスクトップアプリケーション版1ユーザー構成で、25万円から。


画像
利用状況に応じて、1ユーザーから、サーバ構成に段階的にシステム拡張が可能

ビッグデータ ジャンルのトピックス

ビッグデータ ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!