開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2013/10/29

NTTコム、米Virtela Technology ServicesとRagingWireを買収 グローバル事業強化

NTTコミュニケーションズは28日、米大手ネットワーク事業者のVirtela Technology Services Incorporatedの株式の100%を約5億2,500万米ドルで、米データセンター事業者のRagingWireの株式の約80%を約3億5,000万米ドルで取得すると発表した。

photo
photo
 Virtela Technology Services Incorporatedは、マネージドサービスや仮想化技術に強みを持ち、196カ国/地域においてMPLS/IPSEC VPNを含むネットワークサービスやクラウド型マネージドネットワークサービスを提供している企業。

 同社の株式取得により、グローバルネットワーク事業の一体的提供の取り組みを、2014年度より実施していくという。まず、Virtela社の充実したオペレーションツールを用いた顧客満足度の高いグローバル一元的なオペレーション体制を推進するなど、オペレーションの統合を図る。

 また、LANのネットワーク機器(ファイアウォール、WAN高速化装置など)の機能を仮想化する技術(NFV)を活用したクラウド型マネージドネットワークサービスの拡充などを通じて、サービスの統合を図る。

 さらに、現在160カ国/地域において展開しているグローバルネットワークサービスの提供エリアを196カ国/地域まで拡大するとともに、バックボーンの効率利用など、ネットワークの統合も図る予定という。

 RagingWire社は米国のデータセンター事業者で、米国西海岸サクラメントの2棟、東海岸バージニア州アッシュバーンの1棟、合計3棟の大規模・高品質のデータセンターを保有する。

 これにより、米国においてNTTコムグループが提供するデータセンターのサーバルーム面積は約2万平方メートルから 約4万3000平方メートルへ拡大する。これによりNTTコムは「Nexcenter」ブランドのもと、全世界150拠点以上でデータセンターサービスを提供することになる。

データセンター・ホスティングサービス... ジャンルのトピックス

データセンター・ホスティングサービス... ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!