開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/03/03

富士通、国内グループ200社、11万人利用のコミュニケーション基盤を統一

富士通は3日、2014年2月に国内グループ会社国内約200社11万人が利用するコミュニケーション基盤の統一を完了したことを発表した。

 富士通では、2012年1月より同社グループ内の統合コミュニケーション基盤の統一を開始しており、スマートフォン、タブレット活用や、音声・ビデオ会議、SNS、社内動画配信などへのコミュニケーション変革を進めている。

 国内グループ会社だけでなく海外グループ会社でも統合を進めており、2014年度中にはグローバル全体で約500社、17万人の統一が完了する予定だ。また、統一後のコミュニケーション基盤運用コストは、従来比約50パーセント削減、出張コストは最大約20パーセント削減が実証されたという。

photo
社内実践ノウハウのお客様展開サービス 概要図

 富士通は今後、本ソリューションに社内SNSや内線電話連携機能、海外拠点連携機能などを追加し、今後3年で約1000億円の受注を目指す考え。

情報共有 ジャンルのトピックス

情報共有 ジャンルのIT導入支援情報

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!