開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/04/11

JR貨物、コンテナ位置管理システムの通信手段にWiMAXを採用

UQコミュニケーションズは11日、日本貨物鉄道(以下、JR貨物)が運営するコンテナ位置管理システムの通信手段としてWiMAXが採用されたことを発表した。

 今回WiMAXを導入したのは、貨物駅のコンテナの位置を管理するシステム。フォークリフトに搭載したGPSやIDタグ(無線ICタグ)等を組み合わせて、コンテナの位置を数十センチメートルの精度でリアルタイムに把握し、荷役時間の短縮と輸送の正確性を高めるものだ。

photo
JR貨物の貨物輸送サービスにおけるWiMAXの利用シーン

 現時点でWiMAXが活用されているのは、貨物駅におけるコンテナの位置情報を把握し、フォークリフトドライバーに荷役指示を伝達したり、フォークリフトのドライバーが指示どおりの荷役を実施したことを伝達するシーン。

 UQコミュニケーションズによれば、4月1日時点で、既に全国の112拠点へWiMAXを導入しており、JR貨物が行う荷役作業の効率化やネットワーク保守費用削減に貢献したという。

流通・小売業IT ジャンルのトピックス

流通・小売業IT ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!