開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2014/07/14

JALとNRI、スマートウォッチとiBeaconを活用した実証実験を開始

日本航空(JAL)と野村総合研究所(NRI)は14日、iBeaconとスマートウォッチを活用して、空港旅客業務の先進化に向けた実証実験を開始すると発表した。2014年7月16日から約1カ月間実施する。

photo
photo
photo
photo
 iBeaconとは、アップルが2013年に発表した、BLE(Bluetooth Low Energy)を用いた端末の接近検知の方式の1つ(参考:iBeaconの詳細解説記事)。

 羽田空港第1旅客ターミナルビルで、各搭乗ゲートに設置されたビーコンが発する信号を、搭乗ゲート担当のJALのスタッフが持つスマートフォンが受信することにより、スタッフの所在・配置状況をコントローラーデスクの担当者が遠隔地からリアルタイムに把握することができるようになる。これにより、利用客への迅速な対応と、より効率的なスタッフの配置を実現するという。

 また、スタッフがウェアラブルデバイスであるスマートウォッチを装着することで、携帯情報機器や無線機を取り出すことなく、業務に必要な情報の入手や共有を行える環境を整える。

 今回の実証実験において、NRIは、iBeaconを活用したスタッフの位置情報の検出や所在位置の表示と、配置指示などのメッセージをスマートウォッチに配信するシステムの開発を担当する。

 実証実験は、「GALAXY S5」と「Gear2」に加えて、AndroidWearを搭載した「LG G Watch」など、最新のスマートウォッチについても対象とし、さまざまな活用シーンを含めた検討を予定しているという。

 NRIは、ウェアラブル端末の生活者への本格的な普及には2~3年かかるものの、企業内で両手を使う業務が必要な部署の従業員など、オペレーション現場でIT(情報システム)の支援を受けることでメリットを得られる利用者に限った試行的な利用が始まるとのロードマップを発表していた

関連記事

ウェアラブル ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!