• 2015/07/31 掲載

Windows 10のプロダクトに反映される、マイクロソフトの2大戦略(2/2)

記事をお気に入りリストに登録することができます。

IoT分野では、クラウドに接続するためのデバイス開発を支援

 もう1つのポイントはIoTだ。いまや時代は、すべてのものがインターネットにつながるIoTの世界に入っている。マイクロソフトも、このトレンドに乗っている。西脇氏は「たとえば“Raspberry PI 2”といった小型基板でもWindowsが動く。OSとして“Windows 10 IoT Core”を提供し、コンパクトなデバイスに実装させ、.NET Micro Frameworkで開発できるようになる」と強調する。

画像
.NET Micro Frameworkで、Raspberry PI 2用のWindowsアプリケーションを開発できる
 もちろんRaspberry PI 2には、振動センサーや赤外線センサーなど、多様なセンサーを取り付けることで、さまざまなデータを収集できるようになる。これらのデータをクラウド上に集めて管理し、高度なビッグデータ分析を行うことで、業務生産性の向上などビジネスに役立てられるわけだ。

「我々は、クラウドに接続するためのデバイス開発の手伝いをしたい。またデータ収集が可能なプラットフォームと、データ収集先のクラウドを用意し、それらのデータを分析する基盤も持っている。いま我々は、Azure上のIoTスイートを準備し、ユーザーに導入しやすい仕組みを考えている」(西脇氏)

 マイクロソフトは、クラウドとIoTを組み合わせて何を実現しようとしているのか? 西脇氏は、その事例として、ロンドンの地下鉄を例に挙げて説明した。

photo
ロンドン地下鉄の事例。問題個所にアラートが上がる。故障前に事前察知して修理できる

 ロンドンは地下鉄が十分に整備され、新しいインフラはほとんどつくられていない状況だ。そのため現在の資産を安全に長く運用していくことが重要になる。ロンドン地下鉄では、エスカレーター、エレベーター、券売機、改札、車両、照明、空調などがIoTデバイスになり、クラウドにコネクトしている。そのデータをクラウド側で管理し、資産価値を高めている。

 何かインフラが故障すると、サービスレベルが下がる。また保安員を確保してアドホックに対応しなければならない。そこでロンドン地下鉄では、IoTでデータを収集し、ビッグデータ解析と機械学習により、故障が起きそうな事象を事前に察知することで、迅速な対応を図っている。

「ダッシュボード上で、駅施設の情報が分かる。たとえば、エレベーター部でアラートが上れば、そこをクリックするだけで、振動や電圧などのデータを閲覧できる。異常を検知したら、事故が起きる前に保安員をアサインして、該当する部品をもって修理してもらえる」(西脇氏)

 最後に西脇氏は、このようなIoTとクラウドの活用事例を、イベントの主催者であるエムオーテックスのPC管理・情報漏えい対策ソリューションと結び付けて考えると、どうなるのか? という点について触れた。

「セキュリティ上の事故(インシデント)の予測がさらに正確になる。たとえば、あるデバイスのユーザーが一定の時間帯に大量データをダウンロードしていた。しかもアクセスポイントが会社ではない場所だった。情報漏洩の可能性があるかもしれない。あるいはログを見ると、カメラへのアクセスが多くあるのに、クラウドには画像が保存されていない。不審な挙動だ。このような事象を機械学習によって検出し、セキュリティに役立てられるだろう」

ご投稿いただいた内容は、個人情報を含まない形で今後の編集の参考や弊社メディアでご紹介させていただくことがございます。 あらかじめご了承ください。(正しくご投稿いただいた場合、このアンケートフォームは今後表示されません)

1. この記事はあなたの業務に役立ちましたか?

2. あなたはこの記事をどこで知りましたか?

3. この記事のご感想やご意見など、ご自由にお書きください

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます