ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

2015年11月18日

KDDIエボルバ、電報サービス「でんぽっぽ」を刷新 「Data Design Platform」を導入

KDDIエボルバ(以下、エボルバ)は10月、国内宛電報サービスのシステムを刷新し、10月より本番稼働を開始した。日立INSソフトウェア(以下、日立INS)が手がけた。

 エボルバは、コンタクトセンターと人材ビジネスを中心とした「コミュニケーションサービス」を提供しており、2008年より電報サービス「でんぽっぽ」を事業展開している。

photo

電報サービス「でんぽっぽ」のホームページ

 今回、日立INSは、同サービスの法人会員向けの新機能拡充とともに、マルチデバイス対応やサイト運営の自由度向上を図るため、BIツールとCMSを連携させた成長型プラットフォームソリューション「Data Design Platform」をエボルバに導入。システム基盤は、日立のクラウド「Hitachi Cloud」のサービスの1つであるマネージドクラウド上に構築し、システムの運用・保守サービスも提供しているという。

photo
(クリックで拡大)

「でんぽっぽ」法人会員向けページの新規機能

IT投資・インフラ戦略 ジャンルのセミナー

一覧へ

IT投資・インフラ戦略 ジャンルのトピックス

一覧へ

IT投資・インフラ戦略 ジャンルのIT導入支援情報

一覧へ

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング