• 会員限定
  • 2015/12/17 掲載

ホリエモン×CA藤田晋社長対談、2人で失敗を語る「最後に成功すれば勝ちなので」

記事をお気に入りリストに登録することができます。
ビジネスは常に挑戦が求められる。もちろん、そのすべてに成功できるわけはなく、裏側には多くの失敗が積み重なっているだろう。失敗を単なるリスクではなく、成長の糧としてきた人には、どのような「失敗力」があるのだろうか? ホリエモンこと堀江 貴文氏とサイバーエージェント 代表取締役社長 藤田 晋氏が「失敗力対決一本勝負!」をテーマに対談を行った。
(執筆:編集部 中島 正頼)

失敗力とは言っても、刑務所までは行かなくていい

photo
SNS ファウンダー 堀江 貴文氏

 12月15日、新経済連盟は「失敗力カンファレンス」を都内で開催した。リスクに挑戦し、起きてしまった失敗から学びを得る「失敗力」にフォーカスしたカンファレンスで、昨年に続き2回目の開催となる。その中で、堀江 貴文氏とサイバーエージェントの藤田 晋氏による対談が行われた。対談のテーマは「失敗力対決一本勝負!」である。

 堀江氏の「失敗」と言えば、まず思い浮かぶのはライブドア事件だろう。この事件の結果、2011年6月から2013年3月まで収監された堀江氏に対し、サイバーエージェントの藤田 晋社長は「出所した直後は各方面に挨拶をしたり、『人ってこんなに変わるのか』と思ったが、1か月で元に戻った」と振り返りながら、「収監中はどんな感じだったのか」と質問した。

 堀江氏は「唯一良かったのは本がたくさん読めたこと。知識を蓄えられ、収監の期間はムダになってはいないが、もし外にいたら別の経験ができたわけで、そこはトレードオフ」と振り返る。藤田社長の「(本対談のテーマである)失敗力とは言っても、刑務所までは行ってはいけない?」との問いに対し、「そりゃ行かない方がいいでしょ(笑)」と応えつつも「ただ、誰しもが行く可能性があるので注意した方が良い、怖いですよ」と返し、会場を沸かせた。

photo
サイバーエージェント 代表取締役社長 / 新経済連盟 理事
藤田 晋氏

 また2004年、実現に至らなかったプロ野球球団買収についても話が及んだ。

 「『Tシャツ社長』とか言われていて、確かにこんな人にプロ野球球団は任せられないんじゃないか、という空気だった。そこにすかさず楽天の三木谷さんがスーツにネクタイで現れた。どう思っているのか?」という藤田社長の質問に対し、「あれはスーツにネクタイにナベツネです」と渡邉 恒雄氏(読売新聞グループ本社代表取締役会長、読売巨人軍取締役最高顧問)への対応が重要だったことを明かす。

 「僕が失敗したから、後の人たち(楽天の三木谷氏やソフトバンクの孫氏)は、『あれ、何が違うんだろう? あ、ナベツネだ』と必要なものに気づけた」と、堀江氏の失敗を活かして、その後やりたかったことを実現する人が出ていることを喜んだ。実際、藤田社長も「堀江さんのおかげで、僕は普通にしているだけでまともな社長と言われる」と、笑いを交えながら堀江氏の影響力の大きさを語った。

社長業は20代がピークなのか?

 ITバブルの波もあり、20代、30代でさまざまな経験をした両者。「私は賛同できないが」としながら、「その頃から堀江さんは『社長業のピークは20代だ』と言っていた。今、どう思っているのか?」と藤田社長が聞くと、「今もそう思う」と堀江氏は即答する。実際、堀江氏が注力するロケット事業を担うインターステラテクノロジズ社も、自分は創業者であり、社長は20代の人間だという。

「アスリートも20代がピーク。頭も身体も一緒だと思っている。無理ができるとか、死ぬほど働けるとか、年齢的なボーナスもある。ただ、世の中の人は常識に縛られている。女子高生社長(AMF 代表取締役社長 椎木 里佳氏)のような人がもっとたくさん出てきてもいいはず。実際に対談したときも、彼女は『女子高生社長ということでメチャクチャ得しています』と話されていた」(堀江氏)

【次ページ】 日本のネット企業がグローバルで成功しない理由

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます