開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2016/11/16

NTTの須田氏がDocker Engineのメンテナに就任 今後の抱負や計画は?

オープンソースで開発されているDocker Engineのメンテナに、NTTの須田瑛大(すだ あきひろ)氏が11月1日付けで就任しました。いまもっとも注目されているオープンソースソフトウェア(OSS)の1つであるDockerの開発に関わるようになった須田氏に、メンテナに就任するまでの経緯や、今後どのような方向での貢献を考えているのか、メールでインタビューをしました。

Publickey 新野淳一

Publickey 新野淳一

ITジャーナリスト/Publickeyブロガー。大学でUNIXを学び、株式会社アスキーに入社。データベースのテクニカルサポート、月刊アスキーNT編集部 副編集長などを経て1998年退社、フリーランスライターに。2000年、株式会社アットマーク・アイティ設立に参画、オンラインメディア部門の役員として2007年にIPOを実現、2008年に退社。再びフリーランスとして独立し、2009年にブログメディアPublickeyを開始。現在に至る。

photo
日本電信電話株式会社 ソフトウェアイノベーションセンタ 分散処理基盤技術プロジェクト 須田瑛大氏(写真提供:本人)

日本人として初めてDockerメンテナに就任

──須田さんはどのような実績や経緯でDockerメンテナに就任されたのでしょうか。また、Dockerメンテナ就任は日本人としては初めてでしょうか。

須田氏:日頃よりパッチ投稿、他の開発者のパッチに対するコメント、問題解析などを実施していたところ、Docker社よりメンテナのお誘いをいただきました。日本人・日本企業としては初となります。

 もともと分散システムのテスト技術に関する研究開発のためDockerを利用していたのですが、その過程で偶然にストレージ関連の問題に突き当たり、解析を担当したことがDockerコミュニティとの関わりの契機となりました。昨年12月頃の話です。

 その後、4月頃より安定性・互換性・セキュリティに関するものを中心に、継続的にパッチを投稿してきました。

──Dockerメンテナとは、そもそのどのような役割や立場なのか、教えてください。

須田氏:メンテナは、Docker本体(Docker Engine)、Swarmkit、Infrakitなどのリポジトリ毎に任命されます。また、各リポジトリのメンテナ毎に「コアメンテナ」「ドキュメントメンテナ」などの役割が存在しています。

 私は、Docker本体(Docker Engine)のコアメンテナに就任しました。

 現時点でのコアメンテナの人数は26名で、内訳はDocker社員が18名、IBMが3名、Huawei、InfoSiftr、Microsoft、、Red Hat、NTT(須田)が各1名です(参考:メンテナのリスト)。

 メンテナの主な権限・責任はパッチのレビューおよび採否の決定です。パッチは2人以上のメンテナが承認したもののみが採用されます。また、他のメンテナの任免に関する選挙権も持っています。

メンテナ活動は会社の業務の一環として。品質・向上を中心に取り組み

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

オープンソースソフトウェア ジャンルのトピックス

オープンソースソフトウェア ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!