開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2017/10/16

GitHub CEOのワンストラス氏が断言「自動化はソフトウェア開発にも等しくやってくる」

GitHubがサンフランシスコで開催した年次イベント「GitHub Universe 2017」。基調講演の最後に登場した同社共同創業者兼CEOのクリス・ワンストラス(Chris Wanstrath)氏は、同氏が考えるソフトウェア開発の未来について語りました。

Publickey 新野淳一

Publickey 新野淳一

ITジャーナリスト/Publickeyブロガー。大学でUNIXを学び、株式会社アスキーに入社。データベースのテクニカルサポート、月刊アスキーNT編集部 副編集長などを経て1998年退社、フリーランスライターに。2000年、株式会社アットマーク・アイティ設立に参画、オンラインメディア部門の役員として2007年にIPOを実現、2008年に退社。再びフリーランスとして独立し、2009年にブログメディアPublickeyを開始。現在に至る。


 ワンストラス氏はこのなかで、コーディング作業はゼロになっていく一方、ソフトウェア開発の本質である問題解決を実現するため、さらに優れた開発手段が登場することへの大きな期待を示しました。

 基調講演で語られた内容をダイジェストで紹介します。

コーディング作業はゼロになっていく

 GitHub CEO兼共同創業者のクリス・ワンストラス(Chris Wanstrath)氏。

photo

 コーディング作業は、行数で数えるならば、その登場からどんどん小さくなってきている。

 いまではさまざまなライブラリを用いてコーディングが行われており、コーディングはより少なくなってきている。

 これはオープンソースの重要さを示してもいる。

 ということは、全部がそうではないものの、コーディング作業はゼロになっていくだろう。一部のプロジェクトでは、まったくコーディングしない、というものもでてくる。

 これは単純な予測ではある。

 しかし現在とてもエキサイティングなのは、そのレベルへ到達するための境目を超えたと考えるからだ。

 これまでにないほどデベロッパーは増えており、これまでになく多くのソフトウェアが作られるようになり、そして世界中が変化のただ中にある。

自動化はソフトウェア開発にも等しくやってくる

 オートメーション(自動化)は、いま世界で最も注目されているバズワードだ。

 これを推進しているのは誰か? 誰がこうした変化を推し進めているのか? 私たちだ、この部屋にいる私たちであり、将来のプログラマである。

 私がもっともエキサイトしているのは、自動化が工場や家庭やオフィスだけでなく、ソフトウェアの開発も自動化されようとしていることだ。自動運転車といったものだけでなく、自動化はソフトウェア開発にも等しくやってくる。

ソフトウェア開発はまだ初期段階にある

 コンピュータにタイピングするという方法は、システムに対する情報交換の手段としては優れたものではない。会話のような音声のほうが優れているし、すぐ伝わる。だからこそ音声認識がいま立ち上がろうとしているのだ。

 将来のソフトウェア開発もそうなっていくかもしれない。

 しかしあなた方が、この先10年、15年、50年でなにを成し遂げるのかが本当にエキサイティングなことだ。なぜならソフトウェア開発はコンピュータのキーボードをたたいているような初期段階なのだ。

 ビル・ゲイツのこんな逸話を誰かが話しているのを聞いたことがある。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT プレミアム会員」に登録の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

オープンソースソフトウェア ジャンルのトピックス

オープンソースソフトウェア ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!