開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2017/10/20

もしベルリンのデータサイエンティストなら…? 「給与見積もり」サービスが公開

米StackOverflowは、エンジニア向けの給与見積もりサービス「Calculate your salary」を公開しました。

Publickey 新野淳一

Publickey 新野淳一

ITジャーナリスト/Publickeyブロガー。大学でUNIXを学び、株式会社アスキーに入社。データベースのテクニカルサポート、月刊アスキーNT編集部 副編集長などを経て1998年退社、フリーランスライターに。2000年、株式会社アットマーク・アイティ設立に参画、オンラインメディア部門の役員として2007年にIPOを実現、2008年に退社。再びフリーランスとして独立し、2009年にブログメディアPublickeyを開始。現在に至る。


 「Calculate your salary」は、職種、勤務地、学歴、経験年数、得意分野を入力すると、どのくらいの給料がもらえそうか教えてくれるサービスです。

photo
Calculate your salary

 例えば、フロントエンドエンジニアで勤務地はサンフランシスコ、学歴は大学卒(学士:Bachelors degree)、経験年数5年、得意分野をJavaScriptと入力すると、全体を100としたときに下位25番目の給与が9万ドル、下位50番目(つまり中央値)が10万8000ドル、下位75番目(つまり上位25番目)が12万9000ドルと表示されます。

photo

 勤務地の選択肢は米国、カナダ、英国、ドイツ、フランスとそのいくつかの都市で、東京も含めたアジア圏がないのがやや残念ですが、欧米でエンジニアがどのくらいの給与を得ているのかを知ることができるサービスになっています。

 同社は今後、例えばインドなど新しい場所を追加していく用意もあるとのこと。

どこで働くかが給与額にもっとも影響する

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

人材育成・人材獲得 ジャンルのセミナー

人材育成・人材獲得 ジャンルのトピックス

人材育成・人材獲得 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!