開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 2017/11/22

働き方改革で従業員の半数が「満足できない」理由、効果実感のポイントとは

デロイト トーマツ コンサルティング(DTC)が2017年6~7月に実施した上場企業を中心とする238社を対象にした調査では、「働き方改革」に関して従業員の約半数が「満足できない」と回答している。同社では、働き方改革を単なる長時間労働是正だけでなく、「生産性の向上とエンプロイー・エクスペリエンス(従業員が企業や組織の中で体験する経験価値)の改善」と定義しているが、どのような改善なら「効果を実感」してもらえるのか。

photo
働き方改革はどの程度進んでいるのか
(© hideyuki suzuki – Fotolia)


働き方改革の実施企業は2015年から倍増、従業員の健康や満足度を重視

 働き方改革の取り組み状況についての質問では、「推進中」が63%、「すでに実施した」が10%で、その合計は73%と2013年(30%)、2015年(34%)から倍増した(図1)。

画像
図1:働き方改革の取り組み状況
(出典:デロイトトーマツ報道発表)



 改革の目的についての質問では、「生産性の向上」が87%と最も多く、「従業員の心身の健康の向上」(76%)、「従業員満足度の向上」(74%)と続いた。

 企業の生産性だけでなく、”従業員体験(エンプロイー・エクスペリエンス)”の視点から改革を志向する傾向が表れたとしている(図2)。

画像
図2:働き方改革の目的
(出典:デロイトトーマツ報道発表)



約半数が働き方改革の効果を感じるも、44%は従業員の満足を得られず

 働き方改革の効果に関する質問では、約半数の49%が「効果が感じられた」と回答している。

 しかし、内訳を見ると「効果が感じられ、従業員の満足も得られた」(28%)、「効果が感じられたが、従業員の満足は得られなかった」(21%)、「あまり効果が感じられず、従業員の満足も得られなかった」(22%)、「全く効果が感じられず、従業員の満足も得られなかった」(1%)と、従業員の満足を得られなかった企業は44%にのぼる(図3)。

画像
図3:働き方改革の効果
(出典:デロイトトーマツ報道発表)



【次ページ】なぜ「働き方改革」の成果に満足できないのか

お勧め記事

ダイバーシティ ジャンルのセミナー

ダイバーシティ ジャンルのトピックス

ダイバーシティ ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!