ビジネス+IT

ビジネス課題別で探す

ITジャンル別で探す

2018年01月09日

男性でも4割が毎日閲覧、なぜInstagramを見てしまうのか

アライドアーキテクツは11月、10〜50代の男女3,569人を対象にしたSNS「Instagram」に関するWeb調査の結果を発表した。2017年10月に日本国内のアクティブユーザー数が2,000万人を突破し、「インスタ映え」という言葉が2017年の流行語大賞に選ばれるなど好調のInstagramだが、どんな人が何のために利用しているのだろうか。

photo

インスタグラムの人気が継続している

(©wayne_0216 - Fotolia)


女性若年層では75%以上が利用するInstagram

 調査によると、Instagramのアカウントを持っている割合は全体の52.3%と半数を超えた。年代別では、10代〜20代の女性は75%以上が利用しており、女性若年層の人気が高い。

 一方、男性の利用率も高く、20代では半数以上、30代から50代以上でも40%前後となっており、50代以上では女性よりも男性の方が利用している結果となった(図1)。

photo
(クリックで拡大)

図1:Instagramのアカウントを持っている割合

(出典:アライドアーキテクツ 報道発表)


投稿よりも閲覧が圧倒的

 Instagramへの投稿についての質問では、30代女性の30%以上が「毎日(1日複数回を含む)」と回答した。毎日投稿している10代女性は5%であるが、閲覧についての質問では約75%となり、若い世代の女性ほど「情報発信(投稿)」よりも「情報収集(閲覧)」にInstagramを活用していることがわかる。

 また、男性でも毎日投稿している人が10%〜15%、毎日閲覧している人が40%程度おり、男性の活用が広がっている(図2)。

photo
(クリックで拡大)

図2:Instagramにおける投稿頻度と閲覧頻度

(出典:アライドアーキテクツ 報道発表)


【次ページ】「インスタ」を見て、何を買っているのか

お勧め記事

コンテンツ・エンタメ・文化芸能・スポ... ジャンルのトピックス

一覧へ

関連キーワード

調査 コンテンツ記事 市場調査

PR

注目のIT導入支援情報

一覧へ

注目のイベント・セミナー情報

一覧へ

イベント・セミナー情報の登録(無料)

記事アクセスランキング

イベント・セミナー情報アクセスランキング