開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

関連ジャンル

  • 2018/02/19

MSに続きアップルもPWA対応を表明 AppStoreが不要に?

Appleが、iOSとmacOSの次バージョンにバンドルされるSafari 11.1で、Progressive Web Apps(PWA)の重要な構成要素であるService Workerをサポートすることが分かりました。次のiOSとmacOSのバージョンはiOS 11.3/macOS 10.13.4で、現在ベータ版としてAppleが開発中です。

Publickey 新野淳一

Publickey 新野淳一

ITジャーナリスト/Publickeyブロガー。大学でUNIXを学び、株式会社アスキーに入社。データベースのテクニカルサポート、月刊アスキーNT編集部 副編集長などを経て1998年退社、フリーランスライターに。2000年、株式会社アットマーク・アイティ設立に参画、オンラインメディア部門の役員として2007年にIPOを実現、2008年に退社。再びフリーランスとして独立し、2009年にブログメディアPublickeyを開始。現在に至る。

photo
iOS/macOS対応ネイティブアプリケーションのかなりの部分がProgressive Web Apps(PWA)へ置き換わる?
(©Myst - Fotolia)

 PWAとは、HTML、CSS、JavaScriptなどのWeb技術によって開発されるWebアプリケーションの一種です。Webサーバから配信されて実行されるだけでなく、リソースをローカルに保存しオフラインでの実行にも対応。Service Workerによるバックグラウンド処理やプッシュ通知なども可能で、まるでネイティブアプリケーションのように振る舞うことができます。

 先日、マイクロソフトがWindows 10でPWAをサポートすることを宣言したばかりでした。


 下記はAppleでSafariの開発を担当しているRicky Mondello氏のツイート。iOS 11.3/macOS 10.13.4はService Workerを含むとしています。


 これはOSそのものがService Workerを含むというより、後述するようにそれらのOSにバンドル予定のSafari 11.1がService WorkerやWeb App Manifestなどをサポートし、OSとSafari(あるいはそのレンダリングエンジン)が連携することで、まるでiOS/macOS上でPWAが単独のネイティブアプリのように実行できることを指すと見られます。

Safari 11.1でService WorkerとWeb App Manifestに対応

 Safari 11.1がService WorkerとWeb App Manifestをサポートすることは、Appleの公式ドキュメントでも確認できます

 Service Workerは、Webアプリケーションのバックグラウンド処理や、ネットワークプロキシを実現することでアプリケーションのオフライン対応などを実現する、PWAにとって重要な機能です。

 一方、Web App Manifestとは、そのWebアプリのアイコンや起動時のスプラッシュ画面、起動後の表示形式や振る舞いなどを設定するためのJSON形式のファイルです。例えば、Webブラウザの外観やナビゲーション、URL表示などを一切省略するような指定も可能で、この場合にはWebアプリはWebブラウザ内で動くというよりも、まるで独立したアプリケーションのように見えます。

 Safari 11.1では、iOSのホーム画面にWebサイトのアイコンを保存するときに、このWeb App Manifestを対応させることが可能になります(上記のMondello氏のツイートではiOS 11.3でサポートとのこと)。つまり、ホーム画面に登録したPWAのアイコンをタップすると、Web App Manifestの設定次第で、オフラインでも起動しWebブラウザの枠も表示されない、まるでネイティブアプリのような外見と振る舞いをPWAに持たせることができるようになるはずです。

AppStoreを経由せずにiOSへアプリケーションが配布可能になるのでは

 iOS/macOSでのPWA対応は、特にiOSのアプリケーション市場に対する大きなインパクトになると見られます。

 というのも、PWAによって実質的にiOS用アプリケーションがAppStoreを経由せずに配布できるようになるからです。Safari 11.1では「Payment Retuest API」によりApple Pay経由での支払いも実装される予定であり、ユーザーに対する課金機能を備えたPWAも実装可能と見られます。

 WebAssemblyなどWebアプリケーションの実行速度も向上しており、ネイティブアプリケーションと変わらない外観、機能を提供し、しかも何日も承認待ちとなるAppStore経由での配信を使わなくて済む、という新しいPWAの能力を、魅力的に考えるアプリケーション開発者は少なくないはずです。

 今後もPWAの実行環境はさらに充実していくことを考えれば、iOS/macOS対応ネイティブアプリケーションのかなりの部分がPWAへ置き換わっていくと考えてもおかしくないでしょう。

Windows 10もPWA対応に。夏以降PWAへの注目が高まるか

 そしてPWA対応の動きはiOS/macOSだけでなく、Windowsも同様であることを先日の記事「なぜマイクロソフトはWindows 10で積極的にPWAをサポートするのか」で紹介しました。

 マイクロソフトは今春に予定されているWindows 10の次期アップデートで、Windows 10をPWA対応のプラットフォームにしようとしています。

 そして、Safari 11.1を含むiOS 11.3/macOS 10.13.4が現在ベータ版であることを考えると、こちらも夏前には製品版がリリースされると考えてよいでしょう。

 するとWindows 10、iOS、macOSなど複数のOSで、夏頃からPWAのための実行環境が整い始めることになります。今年の夏からは一般ユーザーのあいだでPWAが使われ始めるタイミングになってくるかもしれません。

OS ジャンルのセミナー

OS ジャンルのトピックス

OS ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!