開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2018/08/29

サーバがない、わけではない「サーバレス」 管理不要の概念、DBやコンテナへ進出

「サーバレスコンピューティング」や「サーバレスアーキテクチャ」といった言葉は、2014年にAWS Lambdaが発表され、その後広く普及したことで一気に注目を浴びるようになりました。

Publickey 新野淳一

Publickey 新野淳一

ITジャーナリスト/Publickeyブロガー。大学でUNIXを学び、株式会社アスキーに入社。データベースのテクニカルサポート、月刊アスキーNT編集部 副編集長などを経て1998年退社、フリーランスライターに。2000年、株式会社アットマーク・アイティ設立に参画、オンラインメディア部門の役員として2007年にIPOを実現、2008年に退社。再びフリーランスとして独立し、2009年にブログメディアPublickeyを開始。現在に至る。

photo
「AWS re:Invent 2014」で発表されたAWS Lambda

 現在ではAWS Lambdaだけでなく、Microsoft AzureのAzure Functions、Google Cloud PlatformのGoogle Cloud Functions、IBM CloudのIBM Cloud Functionsなど、主要なクラウドサービスの多くでサーバレスコンピューティング環境が提供されています。

参考記事:

サーバがない、のではない。サーバ管理が不要ということ

 AWS Lambdaに代表されるサーバレスコンピューティング環境は、一般にユーザーがあらかじめ用意しておいた関数を、イベントをトリガーとして実行することで何らかの処理を行うFunction as a Service的なアプリケーション実行環境を指しています。

 その特長として、イベントドリブンなだけでなく、あらかじめサーバのインスタンスをプロビジョニングする必要なく実行でき、負荷に応じてインスタンス数がスケールするスケーラビリティを備えている、といったことが挙げられます。

 すなわち、サーバインスタンスの管理や運用を意識する必要がないことが「サーバレス/Serverless」の特長といえます。

 AWSが公開しているWebページ「サーバーレスコンピューティング(サーバー管理が不要なアプリケーション構築)|AWS」の「サーバーレスコンピューティングとは何ですか?」には、次のような説明があります。

サーバーレスコンピューティングにより、アプリケーションとサービスを構築して実行する際に、サーバーについて検討する必要がなくなります。サーバーレスアプリケーションでは、サーバーのプロビジョニング、スケーリング、および管理は必要ありません。

 ただし本当に管理が不要かどうかについては議論が分かれるところかもしれません。ここでは、概念としてのサーバレスはそういうものだ、というところにとどめておきましょう。

データベースもサーバレスに

 「プロビジョニングやスケーリング、管理が不要」といった特長を示す「サーバレス」という言葉は、いま、より幅広い分野で使われ始めています。

 そのもっとも明示的な例が、AWSが2017年12月に発表し、今月正式版としてリリースした「Aurora Serverless」でしょう。

 Aurora Serverlessは、決してAWS Lambdaで実行されるサーバレスアプリケーション専用のデータベースではありません。「Amazon Aurora」のサーバレス版です。

photo
「AWS re:Invent 2017」で発表されたAurora Serverless

 Aurora Serverlessは、データベースサーバ(現時点ではMySQL)をマネージドサービスで提供します。通常のアプリケーションからAmazon Auroraと透過的に利用可能です。

 そしてその名称に「サーバレス/Serverless」が含まれているように、Aurora Serverlessはデータベースサーバインスタンスのプロビジョニングは不要。クライアントからのアクセスをトリガーとして自動的にデータベースサーバのインスタンスが起動し、負荷に応じてインスタンスが動的に増減するというスケーラビリティを備えています。

 つまり、従来のサーバレスコンピューティングが備えていたプロビジョニング不要でオートスケールという特長をきちんと備えているのです。

 実はデータベースの分野で「サーバレス」という用語を使っているのはAWSだけではありません。

 オラクルが今月、Oracle Cloudでの自律型データベース「Oracle Autonomous Transaction Processing」の正式リリースを発表したとき、同社CTO兼会長 ラリー・エリソン氏は、その特長のひとつが「サーバレス」であると次のように説明しています。

この続きは会員限定です

ここから先は「ビジネス+IT」の会員の方(登録は無料)のみ、ご利用いただけます。

今すぐビジネス+IT会員にご登録ください。

すべて無料!ビジネスやITに役立つメリット満載!

  • 1

    インタビューから事例記事まで、ここでしか読めない1万本超の記事が無料で閲覧可能

  • 2

    導入事例資料や技術資料、デモ動画などを無料でダウンロード・閲覧可能

  • 3

    年間1,000本以上、会員限定のスペシャルセミナーにご招待

  • 4

    ビジネス+IT編集部が必読記事を、メールマガジンでお知らせ!

統合運用管理・サーバ監視 ジャンルのセミナー

統合運用管理・サーバ監視 ジャンルのトピックス

統合運用管理・サーバ監視 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!