開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2019/10/03

「スーパーアプリ」とは何か?統合アプリ戦争勃発、LINEがWeChatやAlipayを追うワケ

スマホアプリは日常生活に欠かせない存在となった。ただ、いちいちアプリを立ち上げるのも面倒だ。そんな煩わしさからユーザーを解放するのが、さまざまなサービスを統合した「スーパーアプリ」である。中国の「WeChat」や「Alipay」、インドネシアの「Go-Jek」、シンガポールの「Grab」などは代表的なスーパーアプリで、すべてアジアから生まれている。なぜか? また、サービスの拡張を進めるLINEはこれらのアプリを超えることができるのか。

佐藤 隆之

佐藤 隆之

Mint Labs製品開発部長。1981年栃木県生まれ。2006年東京大学大学院工学系研究科修了。日本アイ・ビー・エムにてITコンサルタント及びソフトウェア開発者として勤務した後、ESADE Business SchoolにてMBA(経営学修士)を取得。現在は、スペイン・バルセロナにある医療系ベンチャー企業の経営管理・製品開発を行うと共に、IT・経営・社会貢献にまたがる課題に係るコンサルティング活動を実施。Twitterアカウントは@takayukisato624。ビジネスモデルや海外での働き方に関するブログ「CTO for good」http://ctoforgood.com/を運営。

photo
なんでもできる「スーパーアプリ」はなぜ必要?
(Photo/Getty Images)

スマホアプリの統合版「スーパーアプリ」とは?

 日常生活のあらゆる場面で活用できる統合的なアプリは「スーパーアプリ」と呼ばれている。メッセージングやソーシャルメディア、決済、送金、タクシー配車、飛行機やホテルの予約、Eコマースなど、スマホで一般的に行われるサービスがすべて詰まっている。関連性のないように見えるサービス群が、一貫したユーザー体験のもとで統合されているのが特徴だ。何かをする度にいくつもアプリを立ち上げる煩わしい手間が不要となり、ユーザーにとっての利便性は極めて高い。

画像
独立したアプリ群(左)とスーパーアプリ(右)

スーパーアプリが必要とされる理由

 では、なぜこうしたスーパーアプリが必要とされるのだろうか? その答を考える前に、まず現状のアプリの状況を考察したい。

 最近、いつスマートフォン(スマホ)に新しいアプリをダウンロードしたか覚えているだろうか。また、ダウンロードした中で、日常的に使っているものはどれくらいあるだろうか。LINEやFacebook、Instagram、人によってはゲームやニュースなどのアプリは日々使用しているかもしれないが、毎日使われるアプリはそれほど多くない。アプリストアには数えきれないアプリが登録されているが、そのほとんどが日常的には利用されていないのが現状だ。

 視聴行動分析サービスを提供するニールセン デジタルが実施した調査によると、ほぼ毎日使われるスマホアプリは平均8個だという。また、マーケティング調査会社のアスマークが実施した調査によると、1カ月あたりに新たにインストールするスマホアプリの数は「1~3個」という人が最も多く、回答者1000人の過半数を超えていた。また、Statistaによると、米国では「スマホユーザーの50%以上が1カ月の間でスマホアプリを1個も追加していない」という。

 これだけアプリが数多く存在するのに、なぜアプリを追加しないのか。新たにアプリを追加する度に「IDとパスワードを作成し、クレジットカードを登録する」というお決まりの流れがある。ユーザーにはこのプロセスが面倒なのだ。

 しかし、1つのアプリですべての機能が完結でき、いちいち複数のアプリを立ち上げたり、閉じたりしなくてもよくなれば、どうだろうか。ユーザー体験はよりスムーズなものになる。ここにスーパーアプリが必要とされる理由があるのだ。

代表的なスーパーアプリはWeChat、Alipayなど

 スーパーアプリのわかりやすい例は、中国のインスタントメッセンジャーアプリ「WeChat」だ。これはメッセージングから決済まで多くの機能を備えているため、アプリ内であらゆるサービスが利用できるようになっている。

 中国ではWeChatと同様、アリババ傘下にあるAlipayが決済サービスに留まらず、配車やフード・デリバリーへと進出し、スーパーアプリへと進化を遂げたインドネシアのGo-Jekは、配車サービスから始まったが、配送・支払い・食事・映画のストリーミング・マッサージや掃除といったサービスの予約まで網羅するようになった。 ソフトバンクが出資するシンガポールのGrabや、インドのPaytmもスーパーアプリの代表例と言える。

 また、最近では、ウーバーがライドシェアビジネスのUberとフードサービスのUber Eatsを統合すると発表。スーパーアプリ化が進むかもしれない。

 では、スーパーアプリはどのように便利なのか。たとえば、朝起きたら「モーメント」と呼ばれるニュースフィードを確認し、通勤中にはWeChat内のゲームを楽しむ。暇があれば友人とグループチャットを行うのはもちろん、ランチの支払いに使うのは「WeChat Pay」だ。仕事終わりの映画やレストランの予約、タクシーの配車にも活用できるなど、朝から夜までWeChatだけで日常生活が事足りるところまで来ている。これこそスーパーアプリがあるから実現する生活だ。

【次ページ】スーパーアプリの条件を備えるLINEが目指すもの

スマートフォン・携帯電話 ジャンルのトピックス

スマートフォン・携帯電話 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!