開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2020/07/13

交通サービス企業Splyt(スプリット)は何がスゴイ? スーパーアプリ企業が活用のワケ

Splyt(スプリット)はタクシー、ライドシェアリング、レンタル自転車などの多様な交通サービスを、アプリ事業者へ接続する機能を提供する英国のベンチャー企業だ。Splytを利用するのは顧客の利便性を向上させたい旅行サイトや、一つのアプリで日常のあらゆる行動を支援するスーパーアプリといった企業となる。なぜSplytが選ばれるのか? その理由を探った。

在スペイン コンサルタント 佐藤 隆之

在スペイン コンサルタント 佐藤 隆之

Mint Labs製品開発部長。1981年栃木県生まれ。2006年東京大学大学院工学系研究科修了。日本アイ・ビー・エムにてITコンサルタント及びソフトウェア開発者として勤務した後、ESADE Business SchoolにてMBA(経営学修士)を取得。現在は、スペイン・バルセロナにある医療系ベンチャー企業の経営管理・製品開発を行うとともに、IT・経営・社会貢献にまたがる課題に係るコンサルティング活動を実施。Twitterアカウントは@takayukisato624。ビジネスモデルや海外での働き方に関するブログ「CTO for good」を運営。

画像
Splytのビジネスモデル。スーパーアプリやトラベルサービスと各種の交通サービスをつなぎ合わせることができる
(出典:Splyt)

移動手段の多様化とアプリのスーパーアプリ化

 近年は移動の手段が多様化し、その状況に合った方法が選択できるようになっている。飛行機や電車、バスに代表される公共交通に加え、配車サービスを通したライドシェアリング、レンタル自転車やスクーターといった具合に交通サービスの選択肢が広がってきた。こうした動きはMaaS(Mobility as a Service)への動きの一つとも言える。

 一方で、多様な選択肢を前にした利用者は個別のサービスを選択するのが手間になってきており、最適な方法を提案してほしいというニーズがある。そこで、目的地までに利用する交通機関をスマートフォンアプリなどで一括比較できるサービスが好まれている。各交通サービスを一つに集約して比較できれば、ユーザーは経路探索や支払いも一括で行えるようにもなる。

 交通サービスと連携して利用者の利便性を増やしたい事業者とはズバリ、スーパーアプリを運営する企業だ。スーパーアプリとは、メッセージングや決済、送金、タクシー配車、eコマースなど、多様なサービスを一貫したユーザー体験として提供することを目指したアプリのこと。



スーパーアプリと交通サービスの連携を促進するマーケットプレイス

 こうした中で、移動手段のマーケットプレイスとして期待されるのが、Splyt(スプリット)だ。2015年に英国で創業された同社は、配車サービスを始めとする交通手段と、旅行サイトやスマホアプリを接続するサービスを開発した。わずか5年で多くの事業者と提携を進め、150カ国2000都市へと展開されている。

 スーパーアプリが新たに交通サービスを組み込む際に、Splytの接続機能は連携を容易にしてくれる。

 たとえば、アジア圏では多彩なサービスを組み合わせたアプリAlipayと、配車サービスGrabがSplytを通して接続されている。Alipayを使うユーザーは、目的地へ向かう際にGrabの配車サービスが使えるが、Grabのアプリを別途導入する必要がなく、Alipayの中で利用が完結する。AlipayにとってはSplytを通すことで容易にGrabのサービスが追加されるし、Grabにとっては、新たなユーザーを獲得するチャネルとなる。

 Splytが提携した交通サービスは、イスラエルの配車サービスGettなどが挙げられる。一方、交通サービスを利用する側としては、旅行サイトBooking.com、Trip.comなどがある。

画像
Splytと提携するさまざまなサービスを組み合わせて組み込むことができる
(出典:Splyt)

 他にもWeChatやGo-Jekはスーパーアプリの代表であり、UberやLINE、PayPayもスーパーアプリとしての展開が期待されている。これらの企業はすべてSplytが今後、顧客として獲得していくべき企業となるだろう。

【次ページ】MaaSは今後どうなる?知っておくべきレベル0~4

運輸業・郵便業 ジャンルのトピックス

運輸業・郵便業 ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!