• 会員限定
  • 2022/01/21 掲載

「石油元売り会社」出光興産のDX、“脱炭素”への変革に必要なこととは

  • icon-mail
  • icon-print
  • icon-hatena
  • icon-line
  • icon-close-snsbtns
記事をお気に入りリストに登録することができます。
世界的に脱炭素化の動きが加速する2021年、日本は国として「2050年カーボンニュートラル宣言」を打ち出した。化石燃料を主力事業とする石油会社にとってポジティブとは言えない潮流の中で、どのように成長戦略を描くのか。出光興産が事業ポートフォリオを転換し、将来にわたって成長し続ける上で鍵となるデジタル変革のリーダーであり、CDO(最高デジタル責任者)とCIO(最高情報責任者)を兼務する三枝 幸夫氏に聞いた。

聞き手、構成:編集部 山田 竜司 執筆:畑邊康浩

聞き手、構成:編集部 山田 竜司 執筆:畑邊康浩

photo
出光興産
デジタル・DTK推進部 執行役員 CDO・CIO情報システム管掌 デジタル・DTK推進部長
三枝 幸夫氏

世界的な脱炭素化の加速により中期経営計画を見直し

──出光興産の事業の全体像について、中期経営計画を基にお教えください。

三枝幸夫氏(以下、三枝氏):出光興産は、1911年の創業以来、第二次世界大戦やオイルショックなど、さまざまな危機を乗り越えながら、チャレンジャブルな領域に取り組んできた歴史がある会社です。当社の中期経営計画は3年ごとに策定しており、現在は2019年11月に公表した2020~2022年度の中期経営計画の途中ではありますが、計画期間開始から1年経った段階で大きな環境変化があったため、「中期経営計画の見直し」を2021年5月に公表しました。

 この「見直し」は、ほぼすべて作り直しに近い内容です。大きな環境変化というのは、新型コロナの影響によるライフスタイルの変化や主要製品の需要減少などもありますが、2020年10月に日本政府が「2050年カーボンニュートラル」を宣言したこと、世界的に脱炭素化の動きが加速化していることが大きいのです。

 当社は燃料油のほかにも基礎化学品、電力、高機能材や資源開発などさまざまなビジネスを展開していますが、やはり売り上げ・利益ともに燃料油に大きく依存しているというのが現状です。今回新たにコロナ禍、それからカーボンニュートラルという当社にとって大きな変化点に差し掛かっていると言えます。そうした中で、DXによって次の成長軌道に乗せていこうというチャレンジを中期経営計画では描いています。

──見直しによって最もドラスティックに変わったのは、事業ポートフォリオの転換ということになるのでしょうか。

三枝氏:そうですね。2019年に出した中期経営計画では、さまざまな試みがあるということは説明していたのですが、それを3つのカテゴリーにまとめて方向を示したところが大きいと思います。

 3つというのは、先進マテリアル、次世代モビリティ、次世代エネルギーへのトランジション(移行)です。エネルギーに関しては、今のところ化石燃料に取って代わるエネルギーは十分にありませんし、当面は社会にとって化石燃料が必要なので、ニーズがある分はキープしながら少しずつ次世代エネルギーへ移行していくということになると思います。

画像
将来に向けたポートフォリオ転換
(出典:出光興産)

社内、社外との連携、顧客に向けたDX

──DXの方針をどのように考えられていますか。

三枝氏:「Digital for Idemitsu」「Digital for Ecosystem」「Digital for Customer」という3つの軸を打ち出しています。「Digital for Idemitsu」は、従業員の新しい働き方創造のためにデジタルを使うという考え方です。そして、「Digital for Ecosystem」は企業間連携による共創を推進すること。「Digital for Customer」は、既存・新規事業問わず顧客に向けてデジタルを前提とした新しいサービス、新しい価値を提供していこうという方向性です。

画像
出光のDXとは
(出典:出光興産)

 最重要なミッションは、新規事業をつくることです。ただ、たとえばコーポレートベンチャーキャピタル(CVC)をつくって、今の事業とまったく別の領域で新規事業を立ち上げていくわけではなくて、やはり「トランジション」です。化石燃料の需要が減っていく中で、次世代エネルギーへ徐々に移行し、それを伸ばしていく。ですから人材に関しても、いま燃料を売っている人たちが、新しい再生可能エネルギーをサービスとして提供するという形に変えていくことになります。そういう意味では、「Digital for Idemitsu」は非常に重要なミッションです。

【次ページ】社内、社外との連携、顧客に向けたDX

関連タグ

関連コンテンツ

オンライン

Slack AI Day

Slack AI の日本語ローンチを祝し、革新の軌跡を振り返り、未来への一歩を踏み出す特別なイベントを開催します。 「コミュニケーションの先の未来を再定義する」というテーマのもと、Slack はメッセージングツールから AI を活用した強力なプラットフォームへと進化しました。 私たちの働き方を根本から変えるこのプラットフォームでは、CRM やアプリケーションの複数同時活用が可能で、 あらゆるデジタル業務が Slack を通じて円滑に進行します。 また、AI の強化により、過去の会話や見落としていた情報を活用して、ワンクリックで最適なコミュニケーションを実現することができます。 この記念すべきイベントでは、「新しい働き方」と業務における生成 AI の活用に焦点を当てます。 Slack AI を通じて、私たちは日常の業務プロセスを根本から変革し、生産性の飛躍的な向上を目指します。 AI とオートメーションの融合が、時間を要する従来のプロセスを一新。 Salesforce の Customer 360 と連携した Slack で働き方が劇的に変わります。 Slack を愛用し続けてくださる皆さま、そしてこれから Slack をご利用してくださる皆さまと共に、AI による業務効率化の新時代を創ります。 進化を遂げた Slackと一緒に、未来の働き方を再定義し、その可能性を探求しませんか? 【このような方におすすめです】 ・業務における生成 AI の活用を模索している方 ・より効率的な働き方・チームコミュニケーションを模索している方 ・Slack でできることを知りたい方、Slack の利用を検討している方 ・Slack を使っているけど、"コミュニケーション" 以外の新しい利用価値を知りたい方 ・部門・プロジェクトごとの部分的な Slack 利用から組織全体へ広げていきたい方 ・Slack 無償版から有償版へ切り替えたい方

あなたの投稿

    PR

    PR

    PR

処理に失敗しました

人気のタグ

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます