開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2021/12/02

噂の「中国製50万円EV」の秘密を徹底解剖、あの価格で販売できる“4つの理由”

中国の有名自動車メーカー、上汽通用五菱(ウーリン)が発売した約50万円の小型電気自動車「宏光MINI EV(ホングワンミニ EV)」の快進撃が止まらない。2020年7月の発売以来、新エネルギー車月間販売台数1位の連続記録を更新し続け、中国のEVシフトの台風の目となっている。同社はなぜ、この価格でEVを販売できるのだろうか。10年以上前であれば、中国企業の低価格商品の理由に対しては「安い労働力の活用」と答えておけばだいたい正解だったが、現状は異なる。日本でも注目される宏光MINI EVが、50万円で販売できる4つの理由を解説しよう。

ITジャーナリスト 牧野武文

ITジャーナリスト 牧野武文

消費者ビジネスの視点でIT技術を論じる記事を各種メディアに発表。近年は中国のIT技術に注目をしている。著書に『Googleの正体』(マイコミ新書)、『任天堂ノスタルジー』(角川新書)など。

画像
宏光MINI EVは、「小さくて運転しやすい」「デザインがかわいい」という理由から、女性消費者にも受けている。五菱はパントーンと提携してパステルカラーを採用した「宏光MINI EVマカロン」を発売している。春秋には新色発表会「五菱少女パーティー」が開催される


販売台数は圧倒的1位、勢いが衰えない「50万円EV」

 中国の上汽通用五菱(ウーリン)が発売した小型電気自動車「宏光MINI EV」(ホングワン)が売れに売れている。2020年7月に発売され、あっという間に2020年EVの販売台数第1位になってしまった。

 五菱は女性消費者を意識した「宏光MINI EVマカロン」シリーズを追加発売し、現在も“最も売れているEV”の座を守り続けている。2021年1月から9月までの販売台数は28.6万台と、宏光MINI EVが圧倒的な1位だ。

画像
2021年1月から9月までの中国におけるEV累積販売台数ランキング。高価格帯であるテスラの2車種も売れ行きが回復し、五菱とテスラが中国のEVシフトをけん引している
(出典:乗用車市場信息聯席会の統計)

 この快進撃の最大の理由は、2.88万元(約51万円)からという圧倒的な低価格にある。なぜ、五菱はこんなに安くEVを製造し、販売することができるのか。10年前まであれば、中国製品の低価格の秘密は「安い労働力」だった。しかし、今ではそこが理由ではなくなっている。宏光MINI EVの低価格の要因は主に4つある。


割り切ったコンセプトと仕様が生まれたワケ

理由その1:コンセプトの明快さ
 低価格の理由の1つが、割り切ったコンセプトだ。エントリーモデルでは、最高時速100km、満充電航続距離120km、エアコンはなし(ヒーター暖房のみ)という低スペックぶりだ。しかし、これが売れている。

 上汽通用五菱は、日本では宏光MINI EVのヒットによって知られるようになったが、中国では以前から有名な自動車メーカーだ。上海汽車、通用(米ゼネラルモーターズ)、広西汽車(元五菱)の3社による合弁会社で、母体となった五菱は商用バンが非常に有名だった。商店への配達などに使われる車で、人気の理由は広い貨物スペースと頑丈さだ。多少の故障であれば走り続けられることから「神車」とも呼ばれている。そこから、釣りやキャンプの愛好者にも好まれるようになっている。ちょうど、トヨタのハイエースと似たようなポジションだ。この人気車種が「宏光」だった。

画像
上汽通用五菱は商用バンが非常に有名で、その人気車種が「宏光」だ。宏光MINI EVは、宏光を仕事で使う人の通勤車として企画された

 商用バンの宏光がよく使われている地方都市では地下鉄が発達していないため、通勤は自動車か電動バイクが主体になっている。その「通勤の足」というコンセプトで宏光MINI EVが企画された。よって、「高速道路は走らない」「片道30分程度を1日1往復程度」という前提で、航続距離は120km、最高速度時速100kmという低スペック仕様となった。カーナビはもちろん搭載されていないが、スマートフォンをカーナビ代わりに使うため、USB充電端子は備えるなど、省くだけでなく必要十分な仕様となっている。

【次ページ】大幅コストダウンを実現した設計の秘密

お勧め記事

中国ビジネス ジャンルのトピックス

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!