• 会員限定
  • 2022/05/02 掲載

激変する宇宙旅行、スペースXやブルーオリジンはどこまで「価格破壊」を起こすのか

記事をお気に入りリストに登録することができます。
現在の宇宙旅行の相場は3,000万円以上。庶民にはなかなか手が届かないが、それでもスペースXやブルーオリジンなどの民間企業の宇宙ビジネス参入で、ロケット発射コストは驚くほど低下している。民間企業の宇宙ビジネス参入で、宇宙旅行のコストは今後どのように変化していくのか。日米欧の動きをみていこう。

執筆:細谷 元

執筆:細谷 元

バークリー音大提携校で2年間ジャズ/音楽理論を学ぶ。その後、通訳・翻訳者を経て24歳で大学入学。学部では国際関係、修士では英大学院で経済・政治・哲学を専攻。国内コンサルティング会社、シンガポールの日系通信社を経てLivit参画。興味分野は、メディアテクノロジーの進化と社会変化。2014〜15年頃テックメディアの立ち上げにあたり、ドローンの可能性を模索。ドローンレース・ドバイ世界大会に選手として出場。現在、音楽制作ソフト、3Dソフト、ゲームエンジンを活用した「リアルタイム・プロダクション」の実験的取り組みでVRコンテンツを制作、英語圏の視聴者向けに配信。YouTubeではVR動画単体で再生150万回以上を達成。最近購入したSony a7s3を活用した映像制作も実施中。
http://livit.media/

photo
スペースX製のクルードラゴン「ファルコン9」ロケット
(Photo/Getty Images)

スペースXによるロケット発射コストの価格破壊

 イーロン・マスク氏のスペースXやジェフ・ベゾス氏のブルーオリジンなどの民間企業による宇宙開発事業の活発化に伴い、ロケット発射コストが大幅に下がり、民間人が宇宙旅行に行ける可能性が高まっている。

 たとえば、米国連邦機関の1つ米航空宇宙局(NASA)が1981~2011年に実施していた「スペースシャトル」プロジェクトでの1回のロケット発射にかかる平均コストは4億5,000万ドル(約567億円)だったといわれている。30年間の総コストは、1,960億ドル(約24兆7,300億円)に上る

 一方、スペースXの現在の主要ロケットであるファルコン9の発射コストは6,700万ドル(約84億円)。スペースシャトルの平均発射コストの7分の1ほどに下がっている。最近まで価格は6,200万ドルだったが、インフレ調整により500万ドル値上げされた。

 一方、ファルコン9よりサイズが大きいファルコンヘビーの発射コストは、9,000万ドルから9,700万ドルに値上げされた

画像
ロケット発射コストは実は今、驚くほど低下している
(Photo/Getty Images)

 そして、スペースXが現在開発している「スターシップ」が実用化されると、コストはさらに下がることが予想されている。

 Visual Capitalistがまとめた戦略国際問題研究所(CSIS)のデータによると、1キログラムあたりのロケット発射コストは、1980年~2000年代まで1万~5万ドルほどで推移していたが、スペースXの参入を機に、コストは2010年頃から急速に下落。1キログラムあたりのロケット発射コストは、スペースシャトルプロジェクトでは5万ドル以上だったが、ファルコン9で3,200ドル以下に下がり、さらにファルコンヘビーで1,600ドル以下まで下がっている。

 そしてスターシップでは、これらをさらに下回る200ドルという驚異的なコスト下落が予想されているのだ。

現在の宇宙旅行費用3,000万円以上、今後は100万円ほどまで下落する見込み

 現在、安くても数千万円の宇宙旅行だが、コスト下落が続き、ビジネスとしてスケールすれば、数百万円ほどまで下がる可能性がある。

 ロイター通信が2018年7月に伝えた情報筋の情報によると、ジェフ・ベゾス氏はブルーオリジンの宇宙旅行で、1人あたりの費用を20万(約2,523万円)~30万ドル(約3,785万円)に設定する計画だったといわれている。

 またリチャード・ブランソン氏率いるヴァージン・ギャラクティックはこの時点までで宇宙旅行チケットを650枚販売。チケットの価格は、1枚あたり25万ドル(約3,154万円)だった。ただし、2014年の事故以降、チケット販売は停止されていた。

 しかしBBCによると、ヴァージン・ギャラクティックは2021年8月に宇宙旅行チケット販売を再開。価格は前回の2倍近い45万ドル(約5,677万円)と報じられている。

 ちなみに、英The Times紙(2016年3月)が伝えたところによると、スペースXやヴァージン・ギャラクティックなどの民間企業の参入でコスト下落が続けば、今後20年以内に地球の軌道まで行く宇宙旅行費用は、7000ポンド(約114万円)ほどに下がる可能性があるという、元スペースシャトルの乗組員ドナルド・トーマス氏による見立てもある。

画像
100万円台で宇宙旅行に行ける日が来るかもしれない
(Photo/Getty Images)

【次ページ】スペースX、ブルーオリジン以外のプレーヤーの動向

関連タグ

あなたの投稿

関連コンテンツ

PR

処理に失敗しました

トレンドタグ

おすすめユーザー

会員登録で動画、資料に使えるホワイトペーパー、オンラインセミナー年間500本など、会員限定記事が​閲覧できる!​

投稿したコメントを
削除しますか?

あなたの投稿コメント編集

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

通報

このコメントについて、
問題の詳細をお知らせください。

ビジネス+ITルール違反についてはこちらをご覧ください。

通報

報告が完了しました

コメントを投稿することにより自身の基本情報
本メディアサイトに公開されます

必要な会員情報が不足しています。

必要な会員情報をすべてご登録いただくまでは、以下のサービスがご利用いただけません。

  • 記事閲覧数の制限なし

  • [お気に入り]ボタンでの記事取り置き

  • タグフォロー

  • おすすめコンテンツの表示

詳細情報を入力して
会員限定機能を使いこなしましょう!

詳細はこちら 詳細情報の入力へ進む
報告が完了しました

」さんのブロックを解除しますか?

ブロックを解除するとお互いにフォローすることができるようになります。

ブロック

さんはあなたをフォローしたりあなたのコメントにいいねできなくなります。また、さんからの通知は表示されなくなります。

さんをブロックしますか?

ブロック

ブロックが完了しました

ブロック解除

ブロック解除が完了しました

機能制限のお知らせ

現在、コメントの違反報告があったため一部機能が利用できなくなっています。

そのため、この機能はご利用いただけません。
詳しくはこちらにお問い合わせください。

ユーザーをフォローすることにより自身の基本情報
お相手に公開されます