開閉ボタン
ユーザーメニュー
ユーザーメニューコンテンツ
ログイン

  • 会員限定
  • 2022/05/13

旧SCCMや旧SMSの「ConfigMgr」、MSの“管理ツールの管理負荷”は高いのか?

山市良のマイクロソフトEYE

マイクロソフトは2022年4月上旬に、管理ツール「Microsoft Endpoint Configuration Manager Current Branch」(略称、ConfigMgr)の最新バージョン「2203」がリリースされたことを発表しました。古くから利用してきたシステム管理者にとっては、「SCCM(System Center Configuration Manager )」や「SMS(Systems Management Server)」といった略称のほうがなじみ深いと思いますが、このサーバ製品、1年に3バージョンのサイクルでリリースされていることをご存じでしたか。

フリーライター 山市 良

フリーライター 山市 良

IT 専門誌、Web 媒体を中心に執筆活動を行っているテクニカルライター。システムインテグレーター、IT 専門誌の編集者、地方の中堅企業のシステム管理者を経て、2008年にフリーランスに。雑誌やWebメディアに多数の記事を寄稿するほか、ITベンダー数社の技術文書 (ホワイトペーパー) の制作やユーザー事例取材なども行う。2008年10月よりMicrosoft MVP - Cloud and Datacenter Management(旧カテゴリ:Hyper-V)を毎年受賞。岩手県花巻市在住。
主な著書・訳書
『インサイドWindows 第7版 上』(訳書、日経BP社、2018年)
『Windows Sysinternals徹底解説 改定新版』(訳書、日経BP社、2017年)
『Windows Server 2016テクノロジ入門 完全版』(日経BP社、2016年)
『Windows Server 2012 R2テクノロジ入門』(日経BP社、2014年)
『Windows Server 2012テクノロジ入門』(日経BP社、2012年)
『Windows Server仮想化テクノロジ入門』(日経BP社、2011年)
『Windows Server 2008 R2テクノロジ入門』(日経BP社、2009年)
など

画像
画面1:ダークモードに対応した(ただし、プレリリース機能)ConfigMgrバージョン2203

Endpoint Configuration Managerとは

 「Endpoint Configuration Manager Current Branch」(ConfigMgr)は、Windowsベースのサーバやクライアントコンピューター、macOSのコンピューター、iOSとAndroidのスマートフォンやタブレットデバイスの、ソフトウェア/アプリ、更新プログラムの中央管理、OSの展開とデバイスのセットアップの簡素化、コンプライアンスやセキュリティの管理といった、包括的なデバイス管理機能を提供する管理ツールです。ConfigMgrは、クラウドサービスである「Intune」や「Desktop Analytics」、「Windows Autopilot」などとともに、「Microsoft Endpoint Manager」ファミリーの一部として提供されます。


 1つ前のバージョン「2111」では、数多くの機能が「プレリリース」から正式な「リリース」とされましたが、最新のバージョン「2203」では「タスクシーケンスデバッガー」機能がプレリリースからリリースになりました。また、コンソールのダークテーマ(プレリリース機能)など、いくつかの新機能が追加されています。新機能について詳しくは、以下のドキュメントで確認できます(画面1)。


もともとは社内に閉じたスケーラブルな統合システム管理ツール

 ConfigMgrの歴史は1994年に発売されたSMS 1.0から始まります。当時、企業のIT環境に存在した、Windows NTやMS-DOS、Windows 9x(1995年のSMS 1.1でサポート)、Apple Macintosh(もちろんClassic)、OS/2の管理に対応しており、インベントリ収集、ソフトウェア配布、パッチ管理といった基本機能に加え、無人インストールに対応していないソフトウェアのパッケージ化、ヘルプデスクのためのリモートコントロール機能、ソフトウェアの使用を制限するソフトウェアメータリング機能など、プラットフォームを選ばない便利機能が付属していました(現在のWindowsには、Windowsインストーラーやリモートデスクトップ/リモートアシスタンス/クイックアシスト、AppLockerのような形でOSに標準で組み込まれています)。

 サイトの概念で階層的に管理する形は、SMSの時から基本的に変わっていません(画面2)。現在のConfigMgrは、管理対象がモダンデバイスになり、BYOD(個人デバイスの使用)やリモートワーク環境のためにクラウド(Intune)と連携した管理が可能になっています。

画像
画面2:SMS 2.0の管理コンソール。サイトの階層と基本的な設定は、ConfigMgrになっても、この当時の概念を踏襲している

 SMSと呼ばれていた当時、SMSはExchange ServerやSQL Serverなどとともに「BackOffice Server」スイート製品のコンポーネントでもありました。その後、「System Center Configuration Manager」に名称変更され、「Virtual Machine Manager(VMM)」、「Operations Manager(OpsMgr)」、「Data Protection Manager(DPM)」などとともに、「System Center」ブランドの下で数年ごとに新バージョンが提供されてきました。

 それが、2015年のバージョン「1511」から「System Center Configuration Manager Current Branch」に枝分かれし、1年に3回のリリースサイクルで継続的に新バージョン、新機能が提供され続けています。2019年秋のバージョン「1910」のときにSystem Centerブランドを離れ、Microsoft Endpoint Managerブランドに移行しました。

 このような名称やブランド変遷の複雑な経緯があるため、突然システム管理者に任命されて課題解決を命じられたとき、過去の知識を頼りにSMS(あるいはSCCM)でなんとかできるだろうと考えても、なかなか最新情報にたどり着かなかったり、話が通じなかったりするかもしれません。SMSと聞けば、若い人ならショートメールメッセージのSMSだと思うのがほとんどでしょう。また、最近のConfigMgrしか知らない世代にとっては、「SMS_Exective」や「CMUpdate.log」など、「SMS」や「CM」といった略称が至る所に出てくることを不思議に思うかもしれません。

【次ページ】ConfigMgr導入後は継続的に更新される

OS ジャンルのトピックス

OS ジャンルのIT導入支援情報

PR

ビジネス+IT 会員登録で、会員限定コンテンツやメルマガを購読可能、スペシャルセミナーにもご招待!